「フーマー・フレッシュ」が初の閉店!踊り場を迎える中国の「新小売」

2019/06/19 05:02
菊谷信宏(GloTech Trends 編集長)

昨今、中国において、OMO(Online Merges with Offline:オンラインとオフラインの統合)を推進するニューリテール(新小売)戦略が、大きな転換期を迎えている。5月31日にはアリババ(Alibaba)のOMO型生鮮スーパー「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」が初めて店舗を閉鎖。さらには、京東(JD.com)や美団(Meituan)が展開するニューリテール店舗も店舗戦略の見直しを迫られている。その背景と今後の戦略について考察してみたい。

フーマー・フレッシュの店舗閉鎖が意味するものとは?

フーマーフレッシュ外観
フーマー・フレッシュは5月、既存店を初めて閉鎖した(写真の店舗とは関係ありません)

 フーマー・フレッシュは、ここまでニューリテール戦略における“成功の象徴”として店舗数を順調に伸ばし、51日に北京に開業した「万優汇(ワンヨウフ)店」をもって、合計店舗数は150に達した。順風満帆に見えるフーマー・フレッシュだが、その陰で、531日には江蘇省蘇州市にある「昆山新呉悦広場店」をひっそりと閉店させている。同社による既存店の閉鎖は初めてのことだ。「たかが1店舗を閉鎖したくらいで、そんなに目くじらを立てる必要はあるのか」と思われるかもしれない。しかし、どうやらこの閉店は、フーマー・フレッシュ、ひいてはニューリテールそのものの大きな戦略転換を意味しているようなのである。

 フーマー・フレッシュは、上海や深センなど大都市の比較的立地条件のよい場所に出店し、そこでの成功事例を各地方都市の店舗に移植するという経営戦略のもと、店舗拡大がなされて来た。今回閉店した蘇州の店舗も、周辺に製造業の拠点が多く、富裕層も多数居住しており、大都市の店舗のビジネスモデルがそのまま通用すると考えらえていた。しかし蓋を開けてみれば、採算の確保に苦戦。結局、閉店に至ったのである。

 実は、こうした動きはフーマー・フレッシュだけでなく、同様にニューリテール戦略を推進する企業でも見て取れる。たとえば、同じくOMO型の生鮮スーパー「7FRESH」を運営するEC大手の京東では4月に、7FRESHの事業責任者である王笑松氏が、業績低迷を理由に職を解かれている。また、美団が展開するニューリテール店舗「小柄生爽」でも、全5店舗のうち北京市内を除く地方店舗2店が閉鎖されている。

次のページは
一気に縮小にはならない!?再成長のカギはここにある

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media