ウォルマート、たばこの購入年齢を21歳に引き上げ、7月から全店で

2019/05/10 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア社

政府の食品医薬品局が小売業に未成年へのたばこ販売自粛を求めており、ウォルマートはこれに応える形で引き上げを決めた

 米ウォルマートは5月8日、たばこの購入年齢を21歳に引き上げると発表した。政府の食品医薬品局(FDA)が小売業に未成年へのたばこ販売自粛を求めており、ウォルマートはこれに応える形で購入年齢の引き上げを決めた。

 7月1日から全米の「ウォルマート」「サムズ・クラブ」で、21歳未満へのたばこ販売をやめる。年齢は身分証で確認する。電子たばこやニコチン成分を含む香料を使った果物、デザート類も対象とする。

 米国では18歳からたばこを購入できる州が多く、未成年へのたばこ販売が社会的な問題となっている。ドラッグストア大手のCVSヘルスは2014年10月から店舗でのたばこ販売を中止、同業のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスとライトエイドは19年4月にたばこ購入年齢を21歳に引き上げると発表した。

 ウォルグリーンは9月までに各州で順次、21歳未満へのたばこ販売を中止する。ライトエイドは3カ月以内に同様の措置を取るとしている。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media