異色の米ダラーストア「ファイブ・ビロー」 究極の差別化戦略で快進撃

2019/05/15 05:00
太田美和子(リテイルライター)

米ペンシルバニア州ウェインに本社を置くダラーストア大手、ファイブ・ビロー(Five Below)の成長が著しい。他のダラーストア企業とは一線を画し、ティーンエイジャーをターゲットとするユニークな経営戦略を掲げる同社。18年度は積極的な出店戦略によって売上、利益とも大きく伸長している。急成長の背景にあるものとは。

積極的な出店によって大きな成長を遂げているファイブ・ビロー

18年度だけで125店舗を出店!

 2002年に第1号店をオープンしたファイブ・ビローは現在、全米33州に750店舗を運営する。19年2月2日で終了した18年度の売上高は15億5960万ドル(約1715億円)で前年度から22%増加。粗利益高も5億6500万ドル(約620億円)で対前年比21.9%増と大きく伸長している。

 売上高が大きく伸びた主な要因はなんといっても、積極的な新規出店にある。18年度には125店舗を出店しており、1年間で店舗数は20%増えたことになる。19年度も145~150店舗の出店を計画している。ファイブ・ビローは今後、米国内でさらに2500店舗以上の展開が可能と考えており、今後も出店を加速していく考えだ。

 強気の出店戦略の背景には、ダラーストア「ファイブ・ビロー」の店舗力が高まったことがある。18年度は、新店の出店後1年間の売上高が1店舗あたり200万ドル(約2億2000万円)と、初めて200万ドルを超えた。また、既存店売上高も同3.9%増と好調だった。ファイブ・ビローは近年、顧客ニーズを確実にとらえており、支持を高めているのだ。

次のページは
ウォルマート・ドットコム元CEOによる差別化戦略

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media