ウォルマートが「宅配自前化」に至るまでの軌跡とは

R2Link/代表:鈴木敏仁
Pocket

ウォルマートの宅配車両
ウォルマートによる宅配の「自前化」が加速している

 クルマで走行中に目の前をウォルマート(Walmart)のロゴを付けた宅配車が走り過ぎる光景を初めて目にした。

 私が路上でアマゾン(Amazon.com)の宅配車を初めて目撃したのは2014年のことである。今となっては常時街中で見かけるので普通の光景となってしまったが、そのときは“とうとう来たか”と目を見張ったものだ。ウォルマートの宅配車を見てそのときと同じような感慨を覚えたのであった。

 同社は自社宅配にとうとう本腰を入れ始めたようだ。

“買物代行”ではなく“宅配代行”である理由

 誤解のなきよう最初に整理すると、ここでいう宅配とはギグワーカーを利用した短時間宅配で、既存の大手宅配企業がつくり上げてきたビジネスモデルとは少々異なる。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media