アマゾンがサブスク型診療サービスを買収! グーグルも顧客に?

「ニューズフロント」記者 小久保重信
Pocket

アマゾン(Amazon.com)は7月21日、米国でサブスクリプション型の診療サービスを手がける米ワン・メディカル(One Medical)を、総額約39億ドル(約5200億円)で買収することで両社が合意に達したと発表した。近年アマゾンが注力する医療・医薬分野の事業拡大がさらに加速しそうだ。

サブスク型初期診療サービスとは?

 ワン・メディカルは、サブスクリプション型の初期診療(プライマリーケア)を、対面やオンラインで受けられるサービスを提供している。2022年3月末時点で、全米25エリアで計188の診療所ネットワークを運営しており、76万7000人の会員、8500社の法人顧客を持つ。「ワン・メディカル・ナウ」と呼ぶオンライン診療サービスを年額199ドル(約2万6000円)で提供している。

 米『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙によると、13年末までワン・メディカルで医務部長を務めていたジェフ・レビン・シェルツ氏は、「かかりつけ医を持たない人は数多くおり、これらの人々を顧客として獲得できる企業には成長可能性がある。初期診療には満たされていないニーズがたくさんある」と述べている。

 他方、アマゾンのヘルスケア部門で上級副社長を務めるニール・リンジ-氏は声明で「医療サービスには”再発明”が求められている。ヘルスケア体験の質を改善する必要がある」と指摘。こうした考えが同社によるワン・メディカル買収につながったとみられる。

医療・医薬分野のビジネスを拡大するアマゾン

アマゾンの社員・企業向け医療サービス「Amazon Care」(出所:Amazon.com)
アマゾンの社員・企業向け医療サービス「Amazon Care」(出所:Amazon.com)

 アマゾンは近年米国において、医療・医薬関連のビジネス拡大に力を入れている。

 20年7月には米医療サービスのクロスオーバーヘルスと提携し社員向けクリニックを開設すると発表。すでに、カリフォルニア州やテキサス州、アリゾナ州、ケンタッキー州、ミシガン州の約17都市で展開している。

 さらに同年11月には、処方薬のネット販売事業「アマゾン・ファーマシー(Amazon Pharmacy」を立ち上げた。同事業の前身は、18年に約8億ドル(約1060億円)で買収した米オンライン薬局大手ピルパック。この企業は患者が医師からもらった処方せんをネットで受け付け、複数の薬を服用時間帯別に一包化し、米49州に宅配していた。

 また、19年9月には「アマゾン・ケア(Amazon Care)」の名称で医療部門を立ち上げ、翌年にサービスを開始した。当初は社員とその家族向けで、対象地域もワシントン州などの一部に限られていたが、その後規模を全米に広げ、他の企業にも提供を始めた。22年2月には米国で対面診療サービスの対象地域を20都市以上増やすと発表。現在、

続きを読むには…

この記事は DCSオンライン会員(無料)、DCSオンライン+会員限定です。
会員登録後読むことができます。


DCSオンライン会員、DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media