未曾有のインフレ下で勇躍するアルディ、リドルら米ディスカウントストアのいま

R2Link/代表:鈴木敏仁
Pocket

アメリカ国内のリドルの店舗
アルディやリドルなどのディスカウンター勢が、急速なインフレ下にあるアメリカで勇躍している(写真はアメリカ国内のリドルの店舗)

 リミテッドアソートメントストアのリドル(Lidl)が、アメリカ国内で100アイテム強を値下げすると発表した。6月8日に開始し8月まで継続予定で、夏のキャンペーンによる値下げを加えると1回の買い物で50ドル以上を節約できるとしている。サンプル29アイテムを調査したレポートによると10%強の値下げ幅のようだ。

 ドイツを本拠とするリドルがアメリカに進出したのは2017年で、東海岸を中心にして170店舗超まで店舗を増やしている。戦略は世界共通で、アイテム数を絞って低価格を訴求するディスカウント型だ。ご存じのとおりアメリカは激しいインフレに見舞われており、あらゆるモノやサービスの価格が上昇している。そういった環境の中であえて値下げをするのはディスカウント型リテーラーの面目躍如といったところだろう。

「価格へのコミット」を強く打ち出す

 アメリカではリドルと真っ向から競合するアルディ(Aldi)のほうが先輩格で、店舗数は2200店舗弱、毎年100店舗強を新規出店しておりアメリカのチェーンストアの中でも有数の成長企業である。こちらは4月半ばにCEOが顔写真と署名付きでお客に向けて低価格宣言を発信している。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media