アマゾンの”物流企業化”がさらに加速! 物流サービスの外部提供を拡大へ

「ニューズフロント」記者 小久保重信
Pocket

アマゾン(Amazon.com)が、個人の配送ドライバーがショッピングモール内の小売店から商品を預かり、顧客宅に届けるサービスを開始したと、複数の米メディアが報じている。顧客は地域のモール内店舗の商品をアマゾンのECサイトから注文し、当日中には商品を手にできるという即時配送サービス。「アマゾン・フレックス(Amazon Flex)」と呼ばれる、業務委託プログラムに登録している個人事業主のドライバーが商品の集荷と配達を担当する。

アマゾン・フレックスは全米50都市に拡大

 同サービスは、22年5月時点では実証実験の位置づけで、米国の一部地域のみで提供されている。米ニュース専門局のCNBCによると、ネバダ州ラスベガスにある約18万平方メートル(東京ドーム約4個分)のショッピングモール内の複数店舗の商品を注文できる。また、テキサス州ヒューストン南東に位置する都市フレンズウッドでも同様のサービスの実験を行っている模様だ。

 さらにブルームバーグ通信によると、アリゾナ州チャンドラーとバージニア州タイソンズの大型ショッピングモールも対象となっているようで、近い将来に同サービスが一般公開されれば、アマゾンは即時配送の対象商品を、新規カテゴリーを含め大幅に増やすことになると報じている。

 アマゾンはかつて、ラストマイル配送をUPSや米USPS(米郵政公社)、フェデックス(FedEx)などの大手物流業者に大きく依存していた。しかし近年は、アマゾン・フレックスをはじめ、自社物流網の拡大を加速させている。

個人事業主対象の配達業務委託プログラム「アマゾン・フレックス(Amazon Flex)」(出所:Amazon.com)
個人事業主対象の配達業務委託プログラム「アマゾン・フレックス(Amazon Flex)」(出所:Amazon.com)

 同社がアマゾン・フレックスを始めたのは2015年のこと。現在は全米50以上の都市で同プログラムを展開している。登録ドライバーは1時間当たり18~25ドル(約2300~3200円)の配送料を受け取っているが、ガソリン代や有料道路料金、車両の維持費などは自己負担となっているようだ。

 他方、アマゾンは18年に、宅配事業の起業支援プログラム「デリバリー・サービス・パートナー」を開始。リース車両やユニフォーム、ガソリン、保険などの業務に必要なものを安価に提供し、アマゾン専用の配送業者を増やしている。CNBCによると、同社は米国で1000社以上のパートナー企業と契約しており、8万2000人以上のドライバーを抱えている。

 アマゾンはこうした自社物流資源を生かし、

続きを読むには…

この記事は DCSオンライン会員(無料)、DCSオンライン+会員限定です。
会員登録後読むことができます。


DCSオンライン会員、DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media