アマゾンの医療サービスが社員向けから一般向けに拡大!パターン化するアマゾンの事業展開とは

「ニューズフロント」記者 小久保重信
Pocket

米アマゾン(Amazon.com)は2022年2月、対面診療サービスの対象地域を米国で20都市以上増やすと明らかにした。同事業は開始から2年がたち、これまで段階的に拡大してきたが、ついに本格展開する。他の事業と同じようなアマゾンの事業成長パターンをみることができる新たな動きと言えそうだ。 

月刊アマゾン

拡大するアマゾンの医療サービス

 アマゾンの対面診療サービスはこれまで、本社のあるワシントン州シアトルやカリフォルニア州ロサンゼルス、テキサス州のオースティンとダラス、マサチューセッツ州ボストン、メリーランド州ボルチモア、首都ワシントン、バージニア州アーリントンで提供していた。今後はカリフォルニア州サンフランシスコやフロリダ州マイアミ、イリノイ州シカゴ、ニューヨーク市などの都市を新たに加えて拡大していく。

 アマゾンは199月に、「アマゾン・ケア(Amazon Care)」と呼ぶ医療サービス部門を立ち上げた。試験プロジェクトという位置付けで202月にシアトルでサービスを開始。当初の対象はアマゾンの社員とその家族で、専用アプリを通じてビデオ通話とテキストチャットによるオンライン医療相談の提供を開始した。同時に訪問診療・看護も提供。訪問場所は社員の自宅のほか社屋内の診療室も選べるようにし、処方薬の配達サービスも始めた。

 その後、対象をワシントン州全域の社員と家族に拡大。213月には規模を全米に広げ、他の企業にも提供すると明らかにした。今回の発表によると、サービスのうちオンライン医療はすでに全米で利用可能となっている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media