小売業が注目すべき、コロナ禍の北京オリンピックで使われるテクノロジーとは

balconia Shanghai Ltd.
Pocket

小売業が注目すべき、コロナ禍の北京オリンピックで使われるテクノロジーとは

第24回冬季オリンピック(以下北京オリンピック)が2月4日~20日の間、開催されている。中国はこの北京冬季五輪を「ハイテク冬季五輪」と位置付け、オリンピック会場の内外で数多くのテクノロジーを使用している。今回、その中から注目される4つのテクノロジーを紹介する。

ロボットやAIを活用した非接触な防疫体制を実現

 北京オリンピックの選手や関係者が滞在する「バブル」内ではスマート防疫ロボットが出迎えてくれる。 健康コードを提示する他の会場とは異なり、新型コロナに関連する有効な身分証明書をスワイプするだけでマスクを外すことなく入場でき、1秒以内に本人確認や温度測定など8つのチェックを完了することができる。その他、カクテルやコーヒー、食事を運んでくれる各種飲食提供ロボットや、1台で最大1000㎡以上の面積を、4~5時間で消毒できる噴射型ロボットなどが活躍している。

 また、オリンピックを実況中継する手話通訳AIも投入されている。コロナ渦でAIが通訳することによって、人が集まることを防止するとともに、人件費の削減にもつながっている。

北京晚报のWeiboより
北京晚报のWeiboより。

スマートバスの運行と「脱炭素」を打ち出した新エネルギーバス

 無人のスマートバスも運行しており、乗客が待っている駅に自動停車して乗客を乗せ、目的地まで運ぶ。

 さらに、環境にやさしい脱炭素を推進する水素燃料エネルギーを使用するバスを運行させることによって、冬場の電気自動車の走行距離や始動不能などの課題に対応している。このようなクリーンエネルギー車が大会関係者の乗るバスやタクシー全体の約85%を占めていて、「脱炭素」のコンセプトを明確に打ち出している。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media