中国・京東がオランダ進出、新しいECビジネス「オチャマ」とは何か?

リテイルライター:太田美和子
Pocket

JD.comがオランダで開設したEC「オチャマ」
JD.comがオランダでEC「オチャマ」を開設した。自動化されたピックアップ・ショップは現在4カ所ある

自動化されたピックアップ・ショップ

 中国EC大手の京東商城(JD.com)は東南アジアへの進出に続き、欧州への進出を果たした。JD.comは中国では実店舗とECの融合したスーパーマーケット(SM)「7Fresh」も展開しており、同SM周辺エリアへの30分以内の配達を行う。

 そのJD.comが、オランダのフェンライに大型施設を建設中で、それは「物流センターらしい」と2021年春頃から話題になっていた。同年秋になると、大学都市・ライデンに実店舗「オチャマ(Ochama)」をオープンすることが判明。現地の業界関係者の間では「7Fresh」と似たビジネスモデルを展開するものと考えられていた。ところが、蓋を開けてみると、まったく異なるビジネスモデルだったのである。

 JD.comはまずEC「オチャマ」を開設した。ちなみに「オチャマ」とは、「オムニチャネル・アメージング」を意味する造語である。EC「オチャマ」の最大の特徴は、食品と非食品をワンストップ・ショッピングできる点だ。取り扱うのは「生鮮食品」「加工食品」「飲料」「冷凍食品」「日用消耗品」「電子機器」「美容&健康関連品」「家庭雑貨」「玩具&娯楽用品」「衣料・靴・装飾品」「子供用品」「ペット用品」の12カテゴリー。1つのECサイト上に、これだけ幅広いカテゴリーの商品が品揃えされているので「オンライン・ハイパーマーケット」と呼ばれている。ただし、今のところ品目数は7000アイテムとそれほど多くはない。今後商品を増やしていく予定だ。

 次に22年1月10日、オチャマは注文した商品を受け取れるピックアップ・ショップを2店同時にオープンした。この施設はショップと名づけられているが、商品の販売は行っていない。ECの注文品を受け取る拠点であると同時に、ECで取り扱う商品のショールームの役割を果たしている。

 さらに、ライデンとロッテルダムにピックアップ・ショップを出店して間もなく、アムステルダムとユトレヒトにもピックアップ・ショップを開設した。

高度なFCと受け取り拠点活用で食品を当日配送

 EC「オチャマ」の仕組みは次のとおりだ。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media