カナダが「戦略メープルシロップ備蓄」放出、コロナで需要増

ロイター
Pocket

トロントの展示会でメープルシロップを試食するトルドー首相とアリババ創業者のジャック・マー氏
カナダ東部ケベック州のメープルシロップ生産業者が、需要急増に対応するため、世界で唯一とされる「戦略メープルシロップ備蓄」の放出を始めた。写真はトロントの展示会でメープルシロップを試食するトルドー首相とアリババ創業者のジャック・マー氏。2017年9月撮影(2021年 ロイター/Mark Blinch)

[ウィニペグ(加マニトバ州) 7日 ロイター] – カナダ東部ケベック州のメープルシロップ生産業者が、需要急増に対応するため、世界で唯一とされる「戦略メープルシロップ備蓄」の放出を始めた。

備蓄を管理するケベック州メープルシロップ生産者協会(QMSP)によると、メープルシロップの販売は新型コロナウイルス流行の影響で家で食事をする人が増えたことから増加しているという。

さらに、今年の州収穫量が例年にない温暖な気候で3年ぶりの少なさとなったこともシロップ不足に拍車をかけている。

QMSPは今月、4万5000トンに上る備蓄の約半分を来年初めまでに放出すると発表した。

同州では世界のメープルシロップの約4分3が生産されている。備蓄拠点はサッカー場5個分に相当する約2万5000平方メートルの広さで、170リットルのたるを5段に重ねてシロップを保存しているという。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media