【公益社団法人日本保安用品協会】作業現場で使用されるスニーカー・ブーツが安全・安心に使える規格認証と検査体制に取り組む

2019/03/01 08:00
Pocket

公益社団法人日本保安用品協会

作業者の足部安全を確保する軽作業用のスニーカーが普及しだした平成9年頃から、本来の保護機能を満たさない製品が多く出回った。こうした背景を改善すべく、日本安全靴工業会会員である安全靴メーカー数社が発起人となり、2001年「日本プロテクティブスニーカー協会」(略称:JPSA)が発足。これにより作業用の履物が、JIS規格の安全靴、プロスニーカー規格、その他の作業靴と明確に区別できるようになった。プロスニーカー規格は現在、(公社)日本保安用品協会が運営している。認定の申請時には公的機関による製品検査を経て、型式認定タグを発行している。また、年に1回、認定品と、非認定品をランダムに多数買取りし、それらの製品についても公的機関によって強度試験を行うことで、品質維持を図っている。小売業のバックヤードや各現場で使用されているスニーカーやブーツを購入の際には、この規格認証を受けている製品を推奨している。


お問合わせ

03-5804-3125


ニュースリリースをお送り下さい。本コーナーでご紹介致します。
諸般の事情により掲載ができない場合がございます。
リリースはpdfファイル形式でお送りください。
送付先:drm-support@diamond-rm.co.jp
表題:DRMオンライン「プロモーション」掲載用リリース

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media