アークス、21年3〜8月期の営業利益は19.4%減の83億円、販管費増加で

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アークス外観
食品スーパー大手のアークスが発表した2021年3〜8月期の連結業績は、売上高が前年同期比3.2%増の2912億円、営業利益が19.4%増の83億円、純利益が21.4%減の59億円だった。

 食品スーパー大手のアークスが発表した2021年3〜8月期の連結業績は、売上高が前年同期比3.2%増の2912億円、営業利益が19.4%増の83億円、純利益が21.4%減の59億円だった。

 4月に栃木県のオータニを連結子会社化したことで売上高は伸びたが、折込チラシやポイントサービスなどを自粛していた前期の反動で販売管理費が増加、減益となった。既存店売上高は2.5%減だった。新規出店はなかった。

 通期の業績予想は据え置いた。22年2月期の連結業績は、売上高が前期比2.7%増の5720億円、営業利益が8.7%減の162億円、純利益は14.4%減の111億円となる見通しだ。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media