営業利益率5%をめざすミスターマックスHDの5か年経営指標の変化とは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

インデックス2021大

 1978年にディスカウントストア(DS)1号店を開店、2017年より持株会社ミスターマックス・ホールディングス(福岡県:以下、ミスターマックス・HD)のもと、「Mr.Max」の店名で、DSを展開している事業会社ミスターマックス(福岡県)。

 ワンフロア型のDSの出店を基本とし、本部(福岡市)のある九州地区を中心に、中国地方、関東地方にも店舗展開する。総店舗数はここ数年57店舗から変化していない。家電店を祖業とする同社だが、19年には食品専門店「食品館」を出店するなど、食品の売上高構成比は35.0%と全体の3分の1を超える(21年2月期実績)。地域別の売上高構成比は、九州が6割以上、関東が約4分の1、中国地区が10%弱となっている。

 「世界中のお客様の普段の暮らしをより豊かに、より便利に、より楽しく」を経営理念に掲げ、EDLP(エブリデイ・ロープライス)政策に力を入れる同社。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media