6月消費者態度指数は37.4に改善、判断を上方修正=内閣府

ロイター
Pocket

千葉のスーパー
6月30日、内閣府が発表した6月消費動向調査によると、消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)は、前月から3.3ポイント上昇し37.4となった。写真は千葉で昨年5月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 30日 ロイター] – 内閣府が30日に発表した6月消費動向調査によると、消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)は、前月から3.3ポイント上昇し37.4となった。

内閣府は消費者態度指数の基調判断を「依然として厳しいものの、持ち直しの動きが続いている」に上方修正した。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media