ホームセンターの山新、全店で自社制作・運用が可能な店舗BGM&CM配信サービスを導入

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

山新外観

 茨城県を中心にホームセンター事業などを展開する株式会社山新は6月15日、9月から順次全39店舗でアローテックの店舗BGMCM配信サービス「アローサウンズ」を導入する。本格稼働は101日の予定。

 同社はこれまで、他社のネットワーク製BGMサービスを利用していたが、来店客との重要な接点のひとつである店内放送をよりタイムリーな販促へとグレードアップさせることとコスト削減の両立を目的に、「アローサウンズ」の採用を決定した。

 「アローサウンズ」は、既存ネットワークを利用して、スケジュール設定したBGMや自社制作のCMを店舗内に配信することが可能なサービス。自社運用のため、状況に応じてタイムリーにCM放送が行えるので、収益拡大も期待できる。

  同サービスはこれまでに、ジュンテンドーやジョイフル本田、アークランドサカモトなどでの導入実績がある。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media