セールスフォース、第1四半期利益が予想上回る 通年予想引き上げ

ロイター
Pocket

セールスフォースのロゴ
米顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドットコムが27日発表した第1・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。写真は、同社のロゴ。2019年3月7日にニューヨークで撮影。(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

[27日 ロイター] – 米顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドットコムが27日発表した第1・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。新型コロナ禍を受けた在宅勤務の広がりでクラウドベースのソフトウエア需要が増加した。同社は通年の収益見通しを引き上げた。

第1・四半期の売上高は59億6000万ドル。リフィニティブのIBESのアナリスト予想は58億9000万ドルだった。

サブスクリプション(定額課金)・サポートサービスの売上高は21%増の55億4000万ドルだった。

調整後1株当たり利益は1.21ドルで、予想の0.88ドルを上回った。株価は時間外取引で一時5.4%高を付けた。

通年の売上高予想は259億─260億ドルに引き上げた。市場予想は257億6000万ドル。

通年の調整後1株当たり利益予想は3.79─3.81ドル。市場予想は3.43ドル。

社員がワクチン接種を終えても在宅勤務を採用する企業は多く、クラウドベースのソフトウエアの需要が続いている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media