コロナ禍で苦戦するコンビニ セブン‐イレブンだけ好調の意外な理由が、レシートデータ調査で明らかに

解説=山室直経(ソフトブレーン・フィールドIT戦略部部長)
Pocket

コンビニ大

新型コロナウイルス(コロナ)感染拡大の影響で、業績が振るわないコンビニエンスストア(CVS)。しかし、その業績や利用動向はチェーンによって異なり、なかでも「セブン-イレブン」は「ファミリーマート」「ローソン」に比べて売上の減少幅を小さくとどめている。実際に各チェーンは今どのように利用されているのか。レシートデータや消費者へのアンケート調査によって明らかにする。

商品の支持が高いセブン ローソンはアプリが好評

 ソフトブレーン・フィールド(東京都/木名瀬博社長)は、全国約50万人の消費者モニターからレシートとアンケート回答を収集した購買証明付き購買理由データベース「マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy(ポイント・オブ・バイ:以下、POB)」を有し、消費者の購買行動やその背景などを分析している。

 今回は、2021年4月13~15日の3日間、クレディセゾン(東京都)との共同事業として運営するレシート投稿サービス「レシートで貯める」の会員2978人を対象に、ふだん利用するCVSについてアンケート調査を実施した。

セブンイレブン

 はじめに「ふだんCVSで買物をしているか」との質問に「している」と回答したのは74.4%にあたる2215人。それら回答者がメーンで利用しているCVSは回答の多い順に「セブン-イレブン(45.1%)」

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media