米タペストリーの1─3月期、売上高が予想上回る 北米・中国好調

ロイター
Pocket

タペストリーの店舗前を歩く人
米高級ブランドのタペストリー(旧コーチ)が5月6日発表した第3・四半期(3月27日まで)決算は、売上高が市場予想を上回った。通期についても、市場予想を上回る売上見通しを示した。ニューヨークで2013年1月撮影(2021年 ロイター/Carlo Allegri)

[6日 ロイター] – 米高級ブランドのタペストリー(旧コーチ)が6日発表した第3・四半期(3月27日まで)決算は、売上高が市場予想を上回った。通期についても、市場予想を上回る売上見通しを示した。北米および中国での高級品需要が回復したことが背景。

第3・四半期の純売上高は19%増の12億7000万ドル。アナリスト予想は12億2000万ドルだった。調整後の利益は1株当たり0.51ドルで、予想の0.31ドルを上回った。

主要市場で新型コロナウイルスワクチンの接種が急速に進んでいることから、同社は消費が平常に戻るとみて、「コーチ」ブランドのハンドバッグの新製品や「スチュアート・ワイツマン」の靴、ウェディングアクセサリーなどを発表している。

クレヴォイセラ最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会議で「ワクチン接種が進み、消費者の信頼感が高まり、来客数も改善している」と指摘した。

北米の売上高は新型コロナ危機前の水準を回復した。中国本土の売り上げは前年比175%増、2019年と比較しても40%増となったという。

通年の売上高についても、10%台半ばの増加を予想。アナリスト予想の10%増を上回る見通しを示した。

ただ、出荷の遅延から店頭に商品が並ぶまでに遅れが生じているとも指摘。スエズ運河の座礁事故で物流が滞った問題では、現四半期に小幅な影響があるとした。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media