週刊コンビニニュース セブン-イレブン、ロボットを使った商品配達の実証実験を開始

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

1週間のコンビニエンスストア(CVS)に関するニュースをまとめた週刊コンビニニュース。セブン-イレブン・ジャパンは、ソフトバンクの本社が入居する東京ポートシティ竹芝オフィスタワーで、自律走行型配送ロボット「RICE」を使用した商品配達の実証実験を4月21日から本格的に開始した。1月18日から試験的に同一フロアの指定された場所まで商品を配送していたが、今回から「RICE」とエレベータを連携させ、他のフロアへの配達も行う。ソフトバンクの社員が、タワー内店舗の商品をスマートフォンの「セブン-イレブンネットコンビニ」経由で注文すると、店舗スタッフが「RICE」に商品を載せ配送先を選択。指定されたフロアの配送先に到着すると、注文者のスマホに暗証番号が通知され、「RICE」に番号を入力することで商品を取り出すことができる(4月20日〜26日のニュースをまとめました)。

セブンイレブン

セブン-イレブン
京王ストアの駅売店を「7-11」に転換
<地域限定>第2弾 高知県産食材使用の商品
<長野県・山梨県>「安曇野産石臼挽きそば粉のざる蕎麦」

 セブン-イレブン・ジャパンは4月20日、京王ストアが運営する駅構内の売店・コンビニエンスストア(A LoT、K-SHOPなど)を、セブン-イレブンのフランチャイズ店舗に転換する業務提携契約を締結した。およそ2年間で約40店舗をフランチャイズ化する予定。

 また同社は、四万十ポークやかんきつ類の文旦を使用した商品を、四国4県のセブン-イレブン各店舗を中心に4月20日から発売する。具材とともに米にもこだわったおにぎり「新潟県産コシヒカリ使用四万十ポークの豚めし」(税込172円)、文旦果汁をふんだんに使ったスイーツ「高知県産文旦のゼリー&レアチーズ」(税込205円)の2品。

 ざる蕎麦に使用するそば粉を長野県安曇野産に限定した「安曇野産石臼挽きそば粉のざる蕎麦」をセブン-イレブン・ジャパンは、長野県と山梨県のセブン-イレブン各店舗で4月27日から発売する。これまで信州産そば粉を使用していたが、寒暖差などで旨みや甘みを閉じ込めた上質なそばとして人気のある安曇野そば粉に切り替えた。税込429円。

ファミリーマート①
2030年の“温室効果ガス削減目標”を上方修正
レジ横ホットスナックに新商品2品

 ファミリーマートは、国の方針に合わせ、2030年の店舗運営における温室効果ガス(CO2排出量の削減目標を、当初の40%から50%に引き上げる。また2030年の目標として他に、プラスチック対策として環境配慮型素材の使用割合60%、食品ロス削減として店舗の食品廃棄物50%削減、を掲げた。

 また同社は、ホットスナックの新商品「チキンタツタ」(税込230円)と「いかフライ」(税込130円)を4月20日に発売した。「チキンタツタ」は、鶏もも肉のなかでも肉厚でプリプリしたドラム部位を使用。しょうが風味とサクサクしたタツタ衣の食感が味わえるように仕上げた。初の魚介メニューの「いかフライ」は、フライに適したいかを加工し、時間が経ってもいかの旨みが感じられるようにした。

ファミリーマート②
大型割引キャンペーンの「ファミマがセール!?」
「パイの実」とコラボした「パイの実みたいなデニッシュ」

 ファミリーマートは4月20日から5月10日まで、「ファミマがセール!?」を実施する。人気商品を特価で提供するキャンペーンで、①ファミチキバンズと対象のホットスナックをセットで購入すると30円引き、②アイス全品、2個買上げで30円引き、③チューハイ全品、3本買上げで45円引き、④対象の豆菓子・珍味を2個買上げで30円引き、⑤対象の惣菜、30円引き、などを実施する。

 また同社は4月20日、ロッテのロングセラー商品「パイの実」と同じ六角形のパイ生地のなかになめらかなミルクチョコレートを入れ、表面に卵を塗って焼き上げたパン「パイの実みたいなデニッシュ」(税込140円)を発売した。「パイの実」との重量比較で、約17倍のサイズにした。

ローソン
<福岡県>九州初!Uber Eatsが医薬品配達
<中四国>「尾道ラーメン専門店 丸ぼし」監修の3品

 福岡県内のローソン2店舗(博多店、久留米シティプラザ店)が、4月22日からUber Eatsを使ってOTC医薬品の配達を始めた。九州でUber Eatsによる医薬品の配達は初めて。取扱商品は、風邪薬や目薬、胃腸薬など第2類医薬品と第3類医薬品の49種類。専用アプリから取扱店舗や希望する医薬品を選択すると説明事項が表示され、確認ボタンを押すことで注文が可能になる。また、店舗では医薬品を専用の袋に入れ、登録販売者が確認のうえで配達員に渡して届けてもらう。ローソンの医薬品の取扱店舗数は、現在251店舗にまで拡大している。

 また同社は、4月27日から中四国地方の店舗で、広島県尾道市の行列ができる人気ラーメン店「尾道ラーメン専門店 丸ぼし」が監修した商品を発売する。「尾道ラーメン」(カップ麺:税込298円、チルドタイプ:同498円)と「瀬戸内のしらすと焼豚丼」(税込498円)の3品。

ミニストップ
「大きなカントリーマアム」2品

 ミニストップは、不二家とコラボレーションした「大きなカントリーマアム バニラ」と「大きなカントリーマアム ココア」(いずれも税込129円)を4月20日に発売した。不二家のロングセラー商品「カントリーマアム」を約5倍のサイズにして商品化したもの。

セイコーマート
はちみつ使用のアイスバー

 セイコーマートは、北海道訓子府町産のはちみつを使用したアイスバー「Secoma北海道はちみつレモン」を4月24日に発売した。香りに特徴のある菩提樹のはちみつを使い、道内の店舗では1本97円(税込)(茨城県・埼玉県108円)で販売中。セコマグループのダイマル乳品で製造した。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media