実践ウェザーMD #6 気温変化に注意の21年4月、注目はあのカテゴリー!

常盤勝美(True Data 流通気象コンサルタント)
Pocket

この連載では毎月、気象庁の発表する「3か月予報」の中で“最も未来”(3カ月目)の予報をベースに、ウェザーMDの実践方法を紹介していきます。今回は、気象庁2021年1月25日発表の「3か月予報」をベースにした、2021年4月のウェザーMDのポイントを解説します。流通小売企業に関わる皆さまの、計画立案の参考になれば幸いです。

2020年4月の天候

 まず、前年(2020年)4月の天候を振り返ります(図表①参照)。20年4月は、中旬前半と下旬前半に強い寒気が流れ込んだ影響で、全国的に気温が平年より低めでした。月間気温が平年を下回ったのは北日本で2019年11月以来5カ月ぶり、東~西日本では2019年7月以来9カ月ぶりでした。

 日照時間は、低気圧の通り道になることが多かった東北地方でやや少なめでしたが、それ以外の地方は移動性高気圧に覆われやすく、記録的に多めでした。一方、活発な雨雲を持った低気圧が日本付近を通過して何度か大雨をもたらしたため、降水量も九州を除いて多めでした。東京を含む5つの気象観測所では4月歴代1位の降水量となりました。

図表① 2020年4月の天候振り返り(上:気温、中:降水量、下:日照時間)

 2020年4月の、特筆すべき天気に関する出来事は図表②のとおりです。客足、あるいは販売動向に影響していると思われるものもあります。実績データの検証をされる際、あるいは前年のデータをもとに今年の予算を立てる際など、参考になさってください。

図表② 2020年4月の天気に関する特筆すべき出来事

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media