ヤマトHDの今期、営業利益予想を上方修正、前年比8割増の820億円に

ロイター
Pocket

ヤマトHD
ヤマトホールディングスは1月29日、2021年3月期の連結営業利予想を前年比83.4%増の820億円に上方修正したと発表した。写真は都内で2017年2月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] – ヤマトホールディングスは29日、2021年3月期の連結営業利予想を前年比83.4%増の820億円に上方修正したと発表した。あらゆる産業で進む電子商取引(EC)化の流れに合わせ、EC配送ネットワークの構築や拡充など需要の変化に対応、前期実績を上回る見込みとしている。

IBESがまとめたアナリスト12人のコンセンサス予想では、21年3月期通期の連結営業利益予想の平均値は738億円。

20年4ー12月期の連結営業利益は前年同期比79.2%増の897億円だった。荷物の取扱量が増加する中で、集配や幹線輸送の効率化で営業費用が減少した。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media