週刊コンビニニュース ファミリーマート「第9回健康寿命をのばそう!アワード」で最優秀賞を受賞

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

一週間のコンビニエンスストア(CVS)に関するニュースをまとめた週刊コンビニニュース。ファミリーマートは11月30日、厚生労働省、スポーツ庁が主催する「第9回健康寿命をのばそう!アワード」において、生活習慣予防分野で「厚生労働大臣 最優秀賞」を受賞した。「健康寿命をのばそう!アワード」は、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標にした国民運動「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環。ファミリーマートは2018年から減塩に注力し、美味しさとボリュームを変えずに減塩をすすめる「こっそり減塩」に取り組んできた。2019年9月からは中食商品で取り組みを拡大。1年間で、弁当や麺類・総菜合計26種類の商品の減塩化を行った(12月1日〜7日のニュースをまとめました)。

セブン-イレブン
サッポロビールとの共同開発商品
人気サロンと初の共同開発商品
<京都市>「京友禅」手染めのスマホ拭き

 セブン-イレブン・ジャパンは、セブン&アイ・ホールディングスがサッポロビールと共同で開発した「ヱビスプレミアムホップブレンド」を、12月8日から数量限定で発売する。ドイツ・バイエルン州で採れたホップ2種類をブレンドしたゴールデンエールで、上質な苦味と香りを持った伝統的なホップに上品な香りのホップを加え、上面発酵で仕上げた。350ml缶・税抜231円、500ml缶・税抜298円。

 また同社は、東京・大阪でサロンを展開する「OCEAN TOKYO」との初の共同開発商品となる「オーシャントリコ アンサーシャンプー/トリートメント」(税抜・各1,500円)を、12月7日に発売した。「OCEAN TOKYO」は2013年の設立で、現在8店舗のサロンを展開。「オーシャントリコ」シリーズのヘアワックスは、発売1年半で出荷数が累計60万個を突破した実績を持つ。便利なお試しサイズの「オーシャントリコ アンサートライアルサシェット」(税抜120円)も用意した。

 京都の伝統工芸である「京友禅」の手染めのスマホ拭き『「okuruおふき®mini」~あまびえ柄』を、セブン-イレブン・ジャパンは京都市内の店舗で12月5日〜1月10日まで販売する。「おふきmini®」は京友禅ブランド「SOO-ソマル-」が製作したスマホ拭きで、観光客などに人気が高い商品。「絵付き年賀状」としても使える商品で、売上の5%が京都市の「コロナ支え合い基金」に寄付される。3色のラインアップで各880円(税込)。

ファミリーマート
<東海・甲信・北陸地方>ホテイフーズとの共同開発商品
「森永ミルクキャラメル」とのコラボ商品
ストアスタッフと開発したおむすびを全国で発売!
“こだわり”のホットスナック3種類

 ファミリーマートは、国産鶏肉を炭火で仕上げたホテイフーズの「やきとり」使用のおむすび「手巻やきとりたれ味(七味唐辛子入り)」(税込147円)と「塩昆布おむすび やきとり塩味」(税込138円)を、12月8日に東海・甲信・北陸地方の9県で発売する。また今回の発売に先駆けて12月4日、ホテイフーズのやきとり缶詰が宇宙食になったことを記念し、「やきとり宇宙食2缶セット」(税込345円)を静岡県の店舗で発売した。

 また同社は、「森永ミルクキャラメル」とコラボした「森永ミルクキャラメルラテ」(税込210円)、「森永アイスミルクキャラメルラテ」(税込240円)、「森永ミルクキャラメルふわふわシフォン」(税込140円)の3品を、12月1日に発売した。

 関西地域のストアスタッフとともに開発した「だしの旨み!おかかまぶし(ねり梅・しば漬)おむすび」(税込128円)を、ファミリーマートは12月1日から全国で発売した。ストアスタッフにアンケートを実施し、「ごはんを美味しく食べる食材」で人気の高かった「おかか」、「梅」、「しば漬」を使用してメニュー化したおむすびで、今年8月から関西地域の2府4県の店舗で限定販売。多くの店舗でおむすび売上ランキング1位を獲得したことから、全国で発売することになった。

 同社はまた、今の時期に合わせたホットスナックとして、ブレンドした濃厚チーズを中具にした「クワトロチーズインファミチキ」(税込230円)と「トリプルチーズインポケチキ」(税込220円)、りんごチップを使った燻製の芳香な香りが特長の「燻製あい鴨串」(税込170円)を、12月1日に発売した。

ローソン
<東北地区>高校生との共同開発商品
<中部地区>人気ラーメン店の監修商品
<近畿地区>人気ラーメン店とのコラボ商品

 ローソンは12月1日、山形県立山形北高校の生徒と共同開発した「山形だだちゃ豆パン」(税込130円)を、東北エリアの店舗で発売した。「高校生山形のうまいもの商品開発コンテスト」に応募した企画を商品化したもので、コロナの影響で中止になる前に応募があった企画から採用した。県産「だだちゃ豆」を使用した豆パンで、中にホイップクリームを入れ、県産米粉を手粉(べたつき防止の粉)にして包んだ。

 また同社は12月8日、豆天狗(岐阜県高山市)が運営する人気の飛騨高山ラーメン店「豆天狗」監修の中華そば(税込530円)と煮玉子おにぎり(税込160円)の2品を発売する。今回発売する商品は、同店の人気メニューの中華そばをイメージし、鶏がら、煮干し、たまり醤油をベースにした特製スープを使用した。

 12月8日ローソンは、大阪市に本店を構える人気のラーメン店「人類みな麺類」が監修した“貝だし醤油らーめん”(税込590円)を発売する。同店の人気商品「らーめんmarco」を参考にした貝だしの醤油ラーメンで、全粒粉を配合した麺に、アサリの風味と甘めの醤油ベースのスープを合わせた。35社の外食企業とコラボ商品を発売する取り組みの一環。

ミニストップ
“牛角”監修企画で全11品
ウクライナの伝統料理「チキンキエフ」

 ミニストップは人気の焼肉チェーン“牛角”監修商品を発売する。4回目となる今回の企画では、「冬のスタミナ」をテーマに米飯、麺、スープ、サラダ、つまみ、パンなど多種にわたって全11品を取り揃えた。第1弾は12月1日から6品、第2弾は15日から5品を販売となる。

 また同社は、伝統的なウクライナ料理を手軽に味わえるようにアレンジした「チキンキエフ」(税込270円)を12月4日に発売。バターを鶏むね肉で巻き、衣をつけた「チキンキエフ」は東ヨーロッパ・ウクライナのカツ料理で、鶏の骨をつけワンハンドでも食べやすいようにアレンジした。鶏肉のやわらかな食感と風味豊かなガーリックバターソースが楽しめる。

ポプラ
「土佐あかうし肉味噌」のおむすび

 ポプラは、高知の美味いもん「土佐あかうし肉味噌」を中具にしたおむすびを12月8日から発売する。土佐あかうしは出荷頭数が少ないため希少価値が高く、赤身と小ザシのバランスに定評がある。噛むほどに肉本来の旨みが広がり、ジューシーできめ細かい、適度な歯ごたえを味わえる。税込158円。

セイコーマート
初のオリジナル・ジンジャーエール

 セイコーマートは、新商品の「Secomaジンジャーエール」を11月30日に発売した。Secomaオリジナルでは初めてのジンジャーエール。生姜エキス由来のピリッとした辛さがじんわりと広がる本格商品で、大人向けの味わいでありながら適度に甘味もある、飲みやすい味わいに仕上げた。北海道・税抜108円、茨城県/埼玉県・税抜118円。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media