丸井21年3月期第2四半期決算、小売はコロナで苦戦もフィンテック事業が好調で黒字を維持

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

丸井(東京都/青井浩社長)は11月12日、2021年3月期第2四半期決算説明会を行った。主に新型コロナウイルス(コロナ)の流行による小売事業での落ち込みを受け、減収減益となったが、営業利益の減益幅は8.2%減にとどまった。小売とフィンテックの2つの柱で事業展開していることが、百貨店各社の業績とは一線を画すことになった。

マルイ店舗外観

黒字確保も大幅な減収減益

 丸井の2021年3月期第2四半期連結決算は、売上収益1093億1900万円(対前年同期比87.1%)、営業利益207億3200万円(同91.8%)、純利益89億2100万円(同63.8%)だった。コロナ禍での店舗休業や外出自粛などの影響を受けて業績は大きく落ち込んだものの、黒字は確保した。同社は、コロナ禍による影響額は営業利益ベースで40億円に上るとみている。また、同社が主要指標としているEPS(1株当たり純利益)は、41.6円(同65.0%)と9期ぶりの減益となった。

 事業別の営業利益では、小売事業が11億円(同24.0%)と大きく落ち込んだ一方、フィンテック事業が227億円(同107.0%)で、コロナ禍においてもフィンテック事業は順調な成長を見せた。同社は小売事業と並んでフィンテック事業を柱に据えているが、そのねらいは将来的にも継続する見込みが高い売上(リカーリングレベニュー)の割合を引き上げることにある。グループ子会社が提供するクレジットカード「エポスカード」を通じたサービス拡充により、メインカードとして毎月コンスタントに利用してもらうことをめざす。今期の売上総利益ベースのリカーリングレベニューは約595億円で、売上総利益全体の65.0%(同1.8%増)となった。うち、フィンテック事業でのリカーリングレベニューが438億円と大部分を占めている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media