週刊コンビニニュース ファミリーマート、「クックパッドマート」の生鮮宅配ボックス本格展開

2020/11/11 09:58
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ファミリーマートは、クックパッドが展開する「クックパッドマート」の商品受取場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、東京都・神奈川県の合計70店舗に設置、10月29日からサービスの本格的な展開を始めた。ファミリーマートは10月初旬に、東京都・神奈川県の一部店舗に「マートステーション」を先行導入。女性顧客に好評だったことや、「マートステーション」での商品受け取りの際、店内の惣菜や調味料なども購入するシナジー効果がみられたことで、70店舗に拡大することにした(10月27日~11月2日のニュースをまとめました)。

セブン‐イレブン
横浜市内の店舗にペットボトル回収機を設置

 セブンイレブン・ジャパンは横浜市、日本財団と協力し、限りある資源の有効活用と海洋プラスチックごみ対策としたペットボトル回収事業を1030日から開始した。実施に当たり、横浜市内の120店舗にペットボトル回収機を新たに設置。“ボトルtoボトル”によるプラスチックのリサイクルと海洋ごみ対策を推進していく。

ファミリーマート
「セーフティステーション活動」で26店舗が受賞
「サステナビリティ報告書2020」を発行
デリバリー&テイクアウトアプリ「menu」サービス導入

 日本フランチャイズ協会は、10月度における「セーフティステーション活動」(SS活動)の好事例として69店舗を表彰、そのうちファミリーマートが26店舗だった。また、「2020年上期SS総選挙」において、新潟西白根店(新潟市)が、2018年上期の堀川御池店(京都府)に次いで、2回目の最優秀店舗として選出された。

 また同社は、サステナビリティ活動がどのようにしてSDGsの達成に貢献しているかをわかりやすく説明した「サステナビリティ報告書2020」を、10月30日に発行した。今年度策定した環境に関する中長期目標の「ファミマecoビジョン2050」をはじめ、新たな取り組みである「TCFDへの賛同」、「コンビニ業界初のSBT認定取得」、「重要課題目標・KPI設定」、「ファミリーマート 人権方針の制定」などについても紹介している。

https://www.family.co.jp/sustainability/report.html
*TCFD・・・・・気象関連財務情報開示タスクフォース
*SBT・・・・・・・科学的根拠に基づいた温室効果ガス削減目標

 menu(東京都新宿区)が運営するデリバリー&テイクアウトアプリ「「menu(メニュー)」上で、ファミリーマートは商品の配達サービスを東京都内の10店舗で始める。対象となる商品は食品、飲料品、日用品、酒類など約300品。店頭での販売価格と同価格で注文できる。サービス提供時間は10時から22時まで。11月1日から7日まで、配送料が無料になる特別キャンペーンを実施する。

ローソン
中国で3,000店舗を突破

 ローソンは10月13日、湖北省武漢市に店舗をオープンし、中国3,000店舗を達成した。1996年に現地子会社上海ローソンを設立し、中国初の日系コンビニチェーンとして営業を開始。2014年からは各都市で地場小売業とのメガフランチャイズ契約を推進し、出店エリアと店舗数の拡大を加速。また、パートナー企業が本部機能を持ち、指定エリアにおける運営開発全般を担うエリアライセンス契約を推進した結果、2017年2月に1,000店舗、2019年1月に2,000店舗を突破した。

ミニストップ
マイクロマーケット向けの「MINISTOP POCKET」を展開

 ミニストップは、新たに「MINISTOP POKET(ミニストップ・ポケット)」を開始する。ユニマットライフと提携し、専用に開発したセルフレジとコンパクトな商品棚を職場内に設置、オフィスなど各種事業所へ「極小CVSユニット」として“出店”していく。設置先の初期費用は発生しない。11月から順次拡大し、2021年度は1,000ヶ所での設置を目標とする。「MINISTOP POKET」サービスの概要は以下の通り。

  1. セルフレジを使用して24時間営業
  2. 1坪から設置可能
  3. 現金を使用しないキャッシュレス決済(交通系ICカード、モバイルQR決済)
  4. CVS商品100~120SKUを職域内で“品揃え”(日配品・免許品・サービス除く)

セブン-イレブン
<地域限定>レンジ麺「日向屋監修 佐野ラーメン」

 セブン-イレブン・ジャパンは、レンジで温めて食べるカップタイプのラーメン「日向屋監修 佐野ラーメン」(税抜498円)を、11月3日から佐野市内、足利市内および栃木市内の一部店舗で発売する。11月17日以降は順次、栃木県全域、群馬県、埼玉県の一部、茨城県の店舗で取り扱う。行列のできるラーメン店として有名な「日向屋」が監修し、同店の看板メニューを商品化したもので、佐野ラーメン特有の食感が楽しめるよう、3種類の太さの麺を使用した。

ファミリーマート①
NOIN初のコスメブランド「sopo」
人気ラーメン店「千里眼」監修のマシマシメニュー
“食感にこだわった”ホットスナック

 ファミリーマートは、化粧品ECプラットフォーム「NOIN」を運営するノインのコスメブランド「sopo(ソポ)」を、11月10日から全国で順次発売する。眉マスカラとペンシルとチップが1本になった「アイブロウ」(税込1,375円)、1,000円以下の価格とした「アイライナー」(税込990円)、使いやすいサイズの「マスカラ」(税込935円)など、マスクをつけた日常生活のなかでも楽しめるコスメとして、ニーズが高いアイメイク3種類・12色を展開する。

 また同社は、行列のできる人気ラーメン店「千里眼」(東京都目黒区)監修の「ニンニクマシマシどデカ2倍肉まん」(税込230円)と、「濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」(税込598円)を、10月27日に全国で発売。「ニンニクマシマシどデカ2倍肉まん」は通常の肉まんの重量の約2倍で、豚肉にニンニク・背油を加えたパンチの効いた味わいが特長。「濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」は総重量が約700gで、コシの強い太麺に野菜やニンニクをたっぷり使い、「千里眼」の味を再現した。

 食感にこだわったホットスナックの新商品としてファミリーマートは、ポテトチップスとのり塩を衣に使った「ファミチキ(絶品のりしお)」(税込198円)と、ベーコンポテトをサクサクな皮で巻いたスナック感覚の春巻「ファる巻(ベーコンポテト)」(税込120円)を、11月3日から全国で発売する。

ファミリーマート②
2種類の麦芽100%ビール「アサヒ ザ・ダブル」
「森永練乳」を使用した商品4種類
専用オーブンを使用した“石焼き焼きいも”

 ファミリーマートは、アサヒビールと共同開発したビール「アサヒ ザ・ダブル」を11月10日から全国で発売する。日本で初めて、麦芽100%のピルスナータイプのビールと麦芽100%のエールタイプのビールをブレンドした商品。キレのよい後味が特長のピルスナーと、華やかな香りと豊かなコクが特長のエールをブレンドすることで、贅沢で奥深い味わいを実現させた。350ml(税込219円)、500ml(税込286円)。

 また同社は、発売から100年以上の歴史を誇る森永乳業の「森永練乳」を使ったチルドカップ飲料「た~っぷりミルクの練乳ラテ」(税込178円)をはじめ、「森永練乳アイス た~っぷり練乳」(税込178円)を発売する。ほか、森永製菓の商品であるチョコボールやハイチュウとのコラボ商品も発売する。11月3日から。

しっとりとした食感と甘さが特長の国産さつまいも、紅はるか、シルクスイートを、店内の“焼きいも専用オーブン”で石焼きにした「焼きいも」(税込210円)を、ファミリーマートは11月2日から発売する。昨年は一部店舗のみで実験展開したが、好評だったことから、今年は2.5倍となる約1,030店舗で展開する。

ローソン
さまざまなおかずを詰め合わせた“わっぱ風弁当”
<関東甲信越地区>ローソンファーム新潟のコシヒカリを使用した2品
外食企業35社とのコラボ商品第1弾は「幸楽苑」の監修商品

 ローソンは10月27日から、曲げわっぱの弁当をイメージした「鶏の柚子胡椒焼わっぱ風弁当」(税込530円)と「銀だらの西京漬焼わっぱ風弁当」(税込530円)を発売した。2品とも7種類の具材を彩りよく盛り付け、見た目も特徴的な曲げわっぱ風の紙製容器に詰めた。

 また同社は、ローソンファーム新潟で収穫したコシヒカリの新米を使った「ローソンファーム新潟コシヒカリおにぎり弁当」(税込399円)、「ローソンファーム新潟コシヒカリ塩にぎり」(税込100円)を、関東甲信越エリアの店舗で10月27日から発売した。外食企業35社とのコラボ商品第1弾は「幸楽苑」の監修商品

「幸楽苑」が監修した調理麺や弁当などオリジナル商品7品を、ローソンは11月3日から全国で順次発売する。専門店のおいしさを通じて地域を元気にすることを目的とした、全国各地の外食企業35社とのコラボレーション企画の第1弾。今回のコラボを通じて、幸楽苑の店舗がない地域でも気軽に幸楽苑の味が楽しめる。

ポプラ
「牛タン仙台ラー油」のおむすび

 ポプラは、仙台で行列ができる牛タン専門店“陣中”の人気商品「牛タン仙台ラー油」を中具にしたおむすびを11月3日から発売する。小さくカットした牛タンを赤唐辛子やたまねぎ、生姜、にんにく、赤糖、昆布などの薬味と一緒にじっくり煮込み、独自に開発したゴマ油をベースにした調味油と合わせて丁寧に仕上げた牛タン仙台ラー油。牛タンのコクとラー油のピリ辛加減が絶妙の商品。税込158円。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media