総売上高は10年連続増、1年で1兆円増の79兆円!CVSトップ3維持、来年はコロナ禍で激変必至?

2020/09/08 05:55
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

20915特集680

CVS3社はコロナ禍で先行き不透明に

 2020年の日本の小売業売上高ランキング1000社の総売上高は79兆862億円だった。08年のリーマンショックの影響から回復し、売上が上昇に転じた11年以降、10年連続での増加となった。

 売上高ランキング上位の企業を見てみると、第1位はセブン-イレブン・ジャパン(東京都:以下、セブン-イレブン)、第2位はファミリーマート(東京都)、第3位はローソン(東京都)と、昨年に引き続き大手コンビニエンスストア(CVS)3社がトップ3を占めることとなった(注 CVSの売上はチェーン全店売上高)。

 とはいえ、新型コロナウイルスの影響で今後もCVS3社が上位を独占し続けることができるかは不透明だ。既存店売上高では各社苦戦。20年7月ではセブン-イレブンが対前年同月比5.1%減、ファミリーマートが同10.8%減、ローソンが同8.9%減となっており、20年度は3社とも減収・営業減益を見込んでいる。在宅勤務の普及でオフィス立地の店舗が苦境に立たされているなど、消費者の生活様式の変化がCVSの売上に大きな影響を与えている。

 10位までの変化としては、ファーストリテイリング(山口県)がイオンリテール(千葉県)を抜き第4位に、ウエルシアホールディングス(東京都:以下、ウエルシアHD)がツルハホールディングス(北海道)を抜き第8位となったほか、エディオン(大阪府)が髙島屋(大阪府)を抜き、第10位に浮上した。

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
有料会員登録すると読むことができます。

有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media