オークワ、今期営業利益予想を44億5000万円に上方修正、内食需要が追い風

2020/06/29 10:35
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

オークワ外観
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う内食需要の高まりで足元の業績が急伸しており、2021年2月期の連結業績予想を上方修正した。

 和歌山県が地盤のオークワは6月26日、2021年2月期の連結業績予想を上方修正した。営業利益は前期比29.0%増の44億5000万円と、従来予想から7億5000万円引き上げた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う内食需要の高まりで、足元の業績が急伸していることが要因だ。

 売上高に当たる営業収益は3.2%増の2740億円、純利益は39.9%増の20億円となる見通し。従来予想に比べて、それぞれ60億円、5億円の上方修正となる。

 20年3〜5月期の連結業績は、営業収益が前年同期比8.8%増の687億円、前年同期は2300万円の赤字だった営業損益は20億円の黒字に転換した。純損益は11億円の黒字(前年同期は2400万円の赤字)だった。

 3〜8月期の営業利益は前年同期比約4倍の30億円を予想しているが、下期は業績の伸びが鈍化すると見込む。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media