5月のコンビニ売上高は10%減、食品スーパーは9.8%の増収

2020/06/23 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

コロナ対策をした都内のコンビニ
日本フランチャイズチェーン協会が発表した5月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比10.0%減となり、3カ月連続のマイナスとなった。写真は都内のコンビニで4月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

 日本フランチャイズチェーン協会が発表した5月のコンビニエンスストアの売上高は、既存店ベースで前年同月比10.0%減だった。前年実績を下回るのは3カ月連続、2ケタのマイナスは2カ月連続となった。

 前月の10.6%減に比べてマイナス幅はやや縮まったが、客数は19.9%減と前月(18.4%減)からさらに下落した。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で5月の大型連休の行楽需要、観光需要が落ち込んだことも響いた。自宅で食事をする機会が増えたことで、冷凍食品や酒類などのまとめ買い需要があり、客単価は12.4%増と前月より2.9ポイント増加した。

 一方、全国スーパーマーケット協会など3団体がまとめた食品スーパー270社の5月の売上高(速報値)は、既存店ベースで9.8%増と4カ月連続のプラスとなった。4月の10.7%増(確報値)に比べて伸び率はやや鈍ったが、内食需要の高まりが引き続き追い風となった。

 商品部門別の既存店売上高は、生鮮3部門と日配がいずれも14.6%増、冷凍食品や調味料などの一般食品が14.8%増だった。中食需要が低迷し、総菜は4.9%減となった。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media