週刊コンビニニュース セブン、ファミマ、ローソン、3社一斉に大阪応援キャンペーン

2020/06/02 07:05
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

1週間のコンビニに関するニュースをまとめた『週刊コンビニニュース』。セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンス(CVS)大手3社が、活気あふれる大阪を取り戻し、盛り上げることを目的に、大阪府と連携して「大阪応援キャンペーン」を展開する。各社は大阪産(おおさかもん)を使用した商品の発売を行って応援する。1社だけでなく企業横断で行う取り組みはユニークで面白い(5月26日〜6月1日のニュースをまとめました)。

大阪の街並み
istock.com/LeeYiuTung

セブン-イレブン/ファミリーマート/ローソン
3社が一斉に「大阪応援キャンペーン」

 活気あふれる大阪を取り戻し、盛り上げることを目的に、大阪府とCVS3社が連携して「大阪応援キャンペーン」を展開する。各社は大阪産(おおさかもん)を使用した商品の発売を行って応援する。

セブン-イレブン

  大阪府で採れた野菜を使用した「鉄鍋炒めチャーハン(麻婆茄子)」(税抜510円)、「鶏団子と大阪産小松菜の春雨スープ」(税抜300円)の2品を、堺市や富田林市などの府内288店舗で発売する。府の野菜摂取量が低いことも視野に入れ、商品の販売を通じて地域の野菜を美味しく食べてもらう。6月2日からの発売。

ファミリーマート

  コロナウイルス感染症の影響を受けている生産者を応援し、地域経済を盛り上げることを目的に、6月2日から関西地方の2府4県で、期間を限定して発売する。「泉州玉ねぎ入りチキンカツカレー」(税込498円)と「みかんジュースのブラマンジェ」(税込228円)の2品。

ローソン

  5月28日より順次、近畿地方の約2,400店舗で、府認定の地産食材を使用した調理パンやおにぎりなど4品を発売する。
 ・「泉州産たまねぎ使用GOOODOG!トマトオニオン(ハラペーニョ入り)」(税込298円)・「泉州産たまねぎ使用モダン焼」(税込550円)・「オニオンチーズブレッド泉州産たまねぎ使用」(税込140円)・「泉州産たまねぎ使用炒飯おにぎり」(税込135円)

セブン-イレブン
「地域の食材を使おうプロジェクト」を立ち上げ

全国の各地域の食材を使用した商品の開発・販売をさらに強化する「地域の食材を使おうプロジェクト」を立ち上げた。各地域で供給過多になっている食材などを発売し、食品ロス削減とともに、生産者・事業者を応援し、地産地消の取り組みをさらに推進する。各地域の食材を使用し、地域限定商品として6月から順次発売される。

ファミリーマート
株式譲渡で新たにスタートするタイ事業

 ファミリーマートがタイに1号店をオープンしたのが1993年。2012年にはタイ最大手の小売業グループCentral Retail Corporation (CRC)に49%出資し、事業パートナーであるCentral FamilyMart (CFM)が店舗運営に当たってきた。5月27日、49%の株式をCRCの100%子会社のCentral Food Retail Company(CFR)に譲渡し、新たな事業展開を始める。CRCグループの経営資源を最大限に活用することで、現地に根差した事業展開が図れると判断し、CFRへの株式譲渡を決定した。ファミリーマートブランドでのCVS事業は、CFRによって継続される。

ローソン
「Uber Eats」サービスをさらに拡大

 フードデリバリーサービスの「Uber Eats」を5月28日、新たに埼玉県31店舗、千葉県10店舗、宮城県14店舗、愛知県12店舗、福岡県12店舗で開始した。これにより全国10都府県の414店舗が同サービスを行う。

セブン-イレブン
「セブンカフェ」のアイスコーヒーをリニューアル、他

 「セブンカフェ」が登場したのが2013年。セブン-イレブン・ジャパンでは、挽きたて・煎れたての本格的なコーヒーを提供してきたが、アイスコーヒーの販売比率が高まる季節に向けてリニューアルし、6月1日から販売する。使用する豆(タンザニア産、コロンビア産、グアテマラ産、ブラジル産の4種類)のブレンドや焙煎を見直し、一段とコク深くスッキリとした後味や、アイスでありながらもしっかりと香りを感じてもらえる、こだわりのアイスコーヒーを目指した。レギュラーサイズ税抜93円、ラージサイズ税抜167円。

「セブンカフェ」の新しいスイーツ

 セブン-イレブン・ジャパンはまた、新しいスタイルのスイーツ「セブンカフェ カフェラテスイーツ」を、6月2日から発売する。コーヒーとしてだけでなく、間食のスイーツとしても楽しめる新感覚のスイーツ。カップのなかには氷とビーズ状のアイスが入っていて、アイスが溶けるまでさまざまな食感が楽しめる。カウンター上のカフェラテマシンにセットし、「アイスカフェラテ」を抽出して完成する商品。「セブンカフェ カフェラテスイーツショコラ」と「セブンカフェ カフェラテスイーツブリュレ」の2種類で、いずれも税抜280円。

牛乳使用のスイーツ

牛乳を使用した、気温上昇時にもさっぱりと食べられるスイーツ「牛乳を摂ろう とろけるミルクプリン」(税抜198円)、「牛乳を摂ろう スペシャルミルクプリン」(税抜498円)などを、6月2日より順次発売する。牛乳を使用した商品を新たに開発し、生産者を応援する商品。今回は約580トンの牛乳使用を見込んでいる。

「千石台大根」を使った「カップデリ」

 中国エリアの858店舗で、山口県の特産品である「千石台大根」を使った「カップデリ」シリーズ「山口県千石台大根の粗おろし(愛媛県産しらす使用)」(税抜198円)を発売する。6月2日から約4週間の期間限定販売。千石台大根は、萩市千石台の肥沃な黒土と冷涼な気候で育った、やわらかく甘みのある大根。

ファミリーマート
牛乳のお買得セールを実施

 農林水産省が推進する、日本の牛乳を救う「プラスワンキャンペーンプロジェクト」に賛同し、消費促進に向けて「明治おいしい牛乳」のお買得セールを6月2日から実施する。900mlの場合、通常価格274円を254円で提供する。

ナチュラルローソン
「こうじチョコ」2品

 農林水産省が主催する「フード・アクション・ニッポン アワード2019」で入賞した「こうじチョコ」2品を、6月2日より発売する。福島県郡山市の酒蔵「仁井田本家」の製造で、ナチュラルローソンでも販売する。

  • 「NLこうじチョコ プレーン」(税込648円)
  • 「NLこうじチョコ ラズベリー」(税込810円)

ローソン
「ブリュレケーキ」と「スフレパンケーキ」

 「バスチー」をはじめとする素材、食感、見た目などにこだわった“新感覚スイーツ”の新作として、香ばしいカラメルとシャリシャリ食感のザラメを生地にあわせた「シャリトロール-ブリュレロールケーキ-」(税込275円)と、とろ〜りとした食感のクリームとほのかに甘いスポンジ生地をあわせた「ふわしゅわとろり-スフレパンケーキ-」(税込380円)を、6月2日より発売する。

ミニストップ
「ポテトチップスにんにくパンチ」

 おつまみとしても人気のガーリックを使ったオリジナル菓子「ポテトチップスにんにくパンチ」(税抜100円)を、5月26日に発売した。袋を開けた瞬間と口に入れた瞬間に“爆発”するガーリック臭が感じられる強烈なにんにくフレーバーとなっていて、インパクトのある濃厚な味わい。

セイコーマート
道産洋梨のゼリー

 北海道増毛町産の洋梨を使用したゼリーを、数量限定で5月25日に発売した。増毛町の洋梨を使った商品は、昨年5月に発売した「増毛町産洋なしアイスバー」に次ぐ2品目。オリジナルブランドの洋なしアイスバーは販売数NO.1になるなど好評で、今回はゼリー商品を開発して発売した。税抜125円(茨城県・埼玉県は138円)。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media