週刊スーパーマーケットニュース サミット、チラシの裏面を子供たちのために活用

2020/05/01 07:00
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

1週間のスーパーマーケットに関するニュースをまとめた『週刊スーパーマーケットニュース』。サミットが店内コロナウイルス感染予防の告知チラシの裏面を使い、子供向けに折り紙の作り方を紹介。お客に寄り添った企画の発信が、小売業には今、求められているのだろう(4月24日〜30日のニュースをまとめました)。

折り紙
iStock.com/Milatas

ヨークベニマル①
リサイクル回収を一時休止

 ヨークベニマルは新型コロナウイルス禍による緊急事態宣言を受け、店頭での混雑・密集回避策のひとつとして、リサイクルステーション(古紙回収)とペットボトル回収機を一時的に休止する。4月29日から5月6日までを予定。

ヨークベニマル②
大街道店を新装オープン

 ヨークベニマルは20日間に及ぶ改装期間を経て、4月26日、宮城県石巻市の大街道店をリニューアル・オープンした。店内を全面改装、店外を一部新装した大型改装となり、店舗内には100円ショップの「ダイソー」が新たに出店。生鮮食品の鮮度・味・品質はもちろん、フライパンひとつで本格的なおいしいおかずができる「ミールキット」や、カットサラダ、惣菜など簡単便利な商品を充実させ、近隣や県産の農産物、地元商品を豊富に取り揃えた。衣料品コーナーでは、新規ブランド商品を導入し、コスメコーナーも設けた。

  • 所在地・・・・・宮城県石巻市大街道東1-3-21

ヤマザワ
採用活動で「WEB面接」を導入

 ヤマザワは、採用活動において「WEB面接」を導入した。新型コロナウイルスの感染拡大にともない、就職活動生の外出への不安が高まるなか、感染リスクを低減し、多くの学生との出会いを創出することを目的とした。「オンライン」、「リアルタイム」での面接が可能となり、時間や場所の制約から解放されることに加え、遠方に住む就職活動生の利便性向上にも寄与できると判断した。WEB上では、会社紹介の動画なども配信する。

サミット①
短期アルバイト社員を急募

 サミットは、コロナウイルス対策で増大する店舗の負担を軽減し、利用客にさらに安心して来店してもらうため、新規採用を行う。また、収入が減り、短期間でも働きたいというニーズにも応え、希望によっては、週払いでの短期アルバイトの採用も始める。

  • 短期アルバイト社員・・・・・週払いなどにも応相談
  • パートタイム社員・・・・・・・週1~2日の勤務可能

サミット②
チラシの裏面を子供たちのために活用

 サミットでは全店舗の店長がチラシで、コロナウイルスの店内での感染予防のため、「大切なお客様へ」(と題して)具体的な注意や行動を呼びかけた。また、告知面の裏面では、子供たちが自宅で楽しめる折り紙の作り方を紹介した。休校により、自宅で過ごす時間が増えたことを受けたもの。

ベルク
「ファストVR」を導入

 ベルクは、クリーク・アンド・リバー社(東京都港区)が開発した「ファストVR」を導入した。撮影した360°動画画像を最短2時間程度で自社編集できる教育・研修ソリューションで、ファストフード感覚で技能継承や現場訓練、業務マニュアルなどのVRコンテンツを、短時間で手軽に外注せずに自社で製作できる。(PR TIMES)

マミーマート
家計応援企画を実施、他

 マミーマートは、顧客の食卓がより豊かで、笑顔あふれるものになるよう、家計に少しでも役立ててもらう家計応援企画を実施。お買い得商品を取り揃え、毎日の献立提案や少しでも財布にやさしい買物ができるよう、商品提案を行っていく。4月25日から店舗で実施しているが、コロナウイルス対策を十分に行いつつ、実施する。
 
またマミーマートは、家族の似顔絵を店舗のサービスカウンターに持ち込んでもらい、店舗で展示する企画を実施。応募は5月8日までで、5月11日まで店内に展示する。参加賞として景品を用意する。

成城石井
WEBマガジンで“Stay Home”企画

 WEBマガジン「SEIJO ISHII TAYORI」4月号で、“Stay Home”を前提にした“おうちでごはんを楽しもう!”を企画した。生活のさまざまなシーンに合わせて、ぴったりの商品を提案している。「ごはんを楽しむ!」、「家飲みを楽しむ!」、「おやつを楽しむ!」、「パンを楽しむ!」の4つで構成した。

オーケー
三鷹北口店オープン

 「高品質・Everyday Low Price」を掲げるディスカウントスーパーマーケットのオーケーが、5月27日に三鷹北口店(東京都武蔵野市中町1丁目)をオープンする。

マックスバリュ東海
子供支援募金を開始

 コロナウイルス感染拡大により臨時休校が長引くなか、給食がないことにより、家庭の事情で十分な食事の機会が持てない子供たちにとっては、さらなる健康不安や栄養不足などの問題が深刻化している。また、これまで子供たちを支援してきた団体の活動が休止に追い込まれるケースも発生している。
イオングループでは、困難な状況にある子供たちを支える一助として、全国店舗で食品を届ける活動などを応援する支援募金を開始する。募金はNPO法人を通じて、支援金を必要とする家庭への宅食(食品の配達)、フードパントリー(食品の受け渡し)などに役立ててもらう。なお、支援が急を要するため、募金に先立ち、4月中に緊急支援金合計2,000万円をNPO法人に寄付する。
子供支援募金の実施期間は、4月25日から5月24日の1ヶ月間を予定。店頭での募金のほか、イオン銀行、「イオンカード」、「ときめきポイント」、「WAON POINT」でも募金できるようにした。

ダイエー
相模原店のオープン日を変更

 神奈川県相模原市に4月29日にオープン予定だったイオンフードスタイル相模原店を、5月28日に変更する。コロナウイルス感染拡大が進むなか、緊急事態宣言の状況を踏まえ、さらにオープン日を変更する可能性もある。

コープさっぽろ
宅配で「がんばろう北海道メーカー特集」を企画

 宅配システムトドックで配布しているカタログ「北海道トドック」で、ページを割いて「今こそみんなで応援!がんばろう北海道メーカー特集」を企画する。コロナウイルスの影響を受けて、“北海道の美味しい”をアピールする機会が減少していることを受けた。約30の約40種類の商品を選定し、5月第2週企画(4月27日から5月1日配布分)に掲載する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media