3月全国百貨店売上高は前年比33.4%減、過去最大のマイナス幅

2020/04/25 07:10
ロイター

都内百貨店の様子
4月24日、日本百貨店協会が発表した3月の全国百貨店売上高は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、店舗数調整後で前年比33.4%減の3403億円で、過去最大のマイナス幅を記録した。都内の百貨店前で2018年1月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 24日 ロイター] – 日本百貨店協会が24日発表した3月の全国百貨店売上高は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、店舗数調整後で前年比33.4%減の3403億円で、過去最大のマイナス幅を記録した。前年割れは6か月連続。

調査対象の百貨店は74社・205店舗。東京地区は前年比34.6%減と、6カ月連続マイナスとなった。

3月は、外出自粛により国内顧客が来店を控えたことに加え、感染防止に向けて各社が実施した営業時間の短縮や臨時休業、イベントの中止などから来店客が大幅に落ち込み、国内顧客向け売り上げは29.8%減となった。また、海外からの渡航者の入国制限により訪日外国人客が93.4%と急減したことで、訪日外国人向け売上高は85.7%減と、大幅に落ち込んだ。

商品別でも、衣料品をはじめ、主力品目は全て前年割れとなった。とりわけ化粧品は4割以上、減少。内外来店客の減少やタッチアップ(直接客の肌に施すメイクやスキンケアなど)の中止が響いた。また、卒入学式などセレモニーの中止の動きから衣料品や身のまわり品の販売、人気の食品販売イベントの中止などで食料品も苦戦した。

一方で、巣ごもり消費の盛り上がりから、WEB受注や、生鮮食品などを含む食料品の宅配は比較的好調だった。感染防止意識から、婦人手袋なども動意づいた。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media