小売業販売1月は4カ月連続マイナス、冬物衣料・家電低調で0.4%減

2020/02/28 10:55
ロイター

都内のドン・キホーテ
2月28日、経済産業省が発表した1月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比0.4%減となった。写真は2018年6月、東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 28日 ロイター] – 経済産業省が28日に発表した1月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比0.4%減となった。ロイターの事前予測調査では1.1%減が予想されていた。暖冬による冬物衣料の低調や消費増税前に駆け込み需要のあった家電の販売減が響いた。

業種別では、百貨店・スーパーなどの各種商品が前年比3.4%減と大きく落ち込んだ。暖冬による冬物衣料の不振が響いた。このほか、家電量販などの機械器具小売が同2.9%減。増税前に好調だったエアコンや冷蔵庫などの販売が落ち込んだほか、携帯電話関連も不調だった。自動車も同1.7%減だった。

一方、医薬品・化粧品は同3.9%増。マスクや除菌製品が伸びた。

懸念される新型コロナウイルスの影響に関し、「百貨店からは2月上旬以降パタッと客足が途絶えた。ドラッグストアからはマスクを売りたくても商品がないとの声が出ている」(経産省幹部)という。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media