経産省が12月の商業動態統計を発表(速報)、小売業-2.6%減、卸売業6.1%減

2020/01/31 12:21
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

都内のドラッグストア
経済産業省が31日に発表した12月の商業動態統計速報によると、商業販売額は41兆4,200億円(前年同月比5.1%減)となった。写真は都内のドラッグストアで昨年6月に撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

 経済産業省が31日に発表した12月の商業動態統計速報によると、商業販売額は41兆4,200億円(前年同月比5.1%減)となった。

 12月の統計を小売業、卸売業別にみると、小売業は13兆7580億円(前年同月比-2.6%減)、卸売業は27兆6620億円(同6.1%減)となった。ロイターの事前予測調査によると、小売業は1.8%減が予想されており、それを上回るマイナス幅であった。

 2019年の商業販売額を業態別にみると、小売業は145兆420億円(前年比0.1増)、卸売業は315兆270億円(同3.5%減)となった。

 これで、2019年の商業販売額は460兆690億円(前年比2.4%減)となり、自然災害や天候不順による販売機会減、2019年10月の消費増税後の買い控えの影響が鮮明となった。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media