全国スーパーの既存店売上高、19年は1.8%減で4年連続のマイナス

2020/01/24 10:50
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

全国スーパー、10月の既存店は4.1%の減収、駆け込み需要の反動減
日本チェーンストア協会が発表した全国スーパー(加盟55社)の2019年の売上高は、12兆4324億円だった。写真は千葉で2014年2月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

 日本チェーンストア協会が発表した全国スーパー(加盟55社)の2019年の売上高は、12兆4324億円だった。全店ベースでは前年比4.3%減と2年ぶりのマイナス。既存店ベースでは1.8%減で、4年連続のマイナスとなった。

 19年の前半は農産物の相場安で食料品が伸び悩んだ。7月以降は台風の上陸など天候不順の影響を受けた。9月は一部の商品で消費増税前の駆け込み需要が見られたが、10月以降はその反動減や増税による消費意欲の低迷に苦しんだ。

 商品部門別の既存店売上高は、食料品が1.5%減、衣料品が7.1%減、住関品が0.9%減だった。12月末の店舗数は1万550店で前年末に比べて103店増加したが、総売り場面積は0.1%減少した。

 なお、12月月次の売上高は既存店ベースで前年同月比3.3%の減少だった。気温が高めに推移したことから、全体的に季節商品の動きが鈍く、既存店売上高は3ヵ月連続の前年割れとなった。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media