マクドナルド、既存店売上高が49ヵ月連続のプラスに、12月は2.1%増

2020/01/08 11:43
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

マクドナルド
日本マクドナルドホールディングスが発表した2019年12月の既存店売上高は前年同月比2.1%増だった。49ヵ月連続で既存店売上高が前年実績を上回った。

 日本マクドナルドホールディングスが発表した2019年12月の既存店売上高は前年同月比2.1%増だった。49ヵ月連続で既存店売上高が前年実績を上回った。

 12月は客単価が0.9%減だったが、客数が3.0%増えた。冬の定番商品「グラコロ」をリニューアル販売したほか、「ビーフデミチーズグラコロ」を新発売した効果が出た。

 定番サイドメニュー「チキンマックナゲット」の15個入りを30%引きの390円(税込み)で販売したことも、客数を押し上げた。

 19年1〜12月の累計では、既存店売上高は4.5%増となった。客数と客単価はそれぞれ2.4%、2.0%の増加だった。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media