コンビニ売上高、10月の既存店は1.8%増、キャッシュレス還元の効果などで

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ファミリーマート、19年7月にスマホ決済「ファミペイ」開始
10月の売上高は、既存店ベースで1.8%増となり、2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。写真はロイター

 日本フランチャイズチェーン協会が発表した主要コンビニエンスストアの10月の売上高は、既存店ベースで1.8%増となり、2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。前年10月のたばこ増税後の買い控えの反動があったほか、消費増税に伴うキャッシュレス還元の効果で客単価が伸びた。

 既存店の客数は2.2%減少したが、客単価が4.1%増と大きく伸びた。商品部門別では、たばこを中心とする非食品が5.8%増と全体を牽引。調理麺やデザートが好調だった日配食品は0.7%増、冷凍食品などの加工食品も1.0%増えた。チケット販売などのサービスは7.1%減だった。

 大手3社の既存店売上高は、セブン-イレブン・ジャパンが3.4%増、ファミリーマートは0.9%増、ローソンは0.3%増でいずれも2ヵ月ぶりのプラスとなった。
■コンビニ大手3社の既存店売上高(2019年10月)
前年同月比(%)、▲はマイナス
企業名 売上高 客数 客単価
セブン-イレブン・ジャパン 3.4 ▲2.2 5.7
ファミリーマート 0.9 ▲2.0 2.9
ローソン 0.3 ▲2.8 3.3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media