コンビニ売上高、9月の既存店は1.1%減、たばこ駆け込み需要の反動で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

セブンイレブン

 日本フランチャイズチェーン協会が発表した主要コンビニエンスストアの9月の売上高は、既存店ベースで1.1%減と2ヵ月ぶりのマイナスとなった。前年9月はたばこ増税前の駆け込み需要で既存店売上高が3.5%増と大きく伸びていたことから、その反動が出た。全店ベースの売上高も0.2%減と2ヵ月ぶりに前年実績を割り込んだ。

 既存店の客数は0.6%伸びたが、客単価が1.6%落ち込んだ。商品部門別では、たばこを中心とする非食品が6.2%減と全体の足を引っ張った。全国的に平均気温が高かったことから冷やし麺や飲料、アイスクリームなどが好調で、日配食品は0.2%増、加工食品は2.2%増となった。チケットなどのサービスも6.3%のプラスだった。

 大手3社の既存店売上高は、セブン-イレブン・ジャパンが1.5%減、ファミリーマートは1.9%減、ローソンは1.2%減でいずれも2ヵ月ぶりのマイナスとなった。

コンビニ大手3社の既存店売上高(2019年9月)

前年同月比(%)、▲はマイナス

企業名 売上高 客数 客単価
セブン-イレブン・ジャパン ▲1.5 0.6 ▲2.1
ファミリーマート ▲1.9 0 ▲1.9
ローソン ▲1.2 0.8 ▲2.0

 

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media