ファミマ、3〜8月期の事業利益は31.6%増の463億円、既存店が堅調

2019/10/10 09:32
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

 ファミリーマートが発表した2019年3〜8月期の連結業績(国際会計基準)は、事業利益が前年同期比31.6%増の463億円となった。既存店売上高が0.9%増と堅調に推移し、全店平均日販(1店舗1日当たりの売上高)は6000円増の54万円となった。

 カネ美食品が連結対象外となったことや直営店の減少により、営業収益は17.4%減の2654億円となったが、既存店の収益力向上に加えて、本部の人件費やシステム経費など67億円のコストを削減したことで事業利益が111億円増えた。

 19年9月1日付けでユニー・ファミリーマートホールディングスがファミリーマートを吸収合併(合併後に商号をファミリーマートに変更)したことに伴い、98億円の税効果を計上したことなどにより、純利益は25.6%増の381億円となった。

 20年2月期の連結業績は、営業収益が前期比14.9%減の5250億円、事業利益が26.1%増の650億円、純利益が10.2%増の500億円と従来予想を据え置いた。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media