食品スーパー売上高、8月の既存店は1.3%減、10ヵ月連続のマイナス

2019/09/25 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

アークス

 日本スーパーマーケット協会など3団体がまとめた食品スーパー270社の8月の売上高(速報値)は、全店ベースで前年同月比0.1%減、既存店ベースで1.3%減といずれも前年実績を下回った。既存店ベースでのマイナスは10ヵ月連続となった。

  商品部門別の既存店売上高は、総菜が0.1%増と健闘、日用品などの非食品も前年を0.1%上回ったが、その他は前年割れだった。主力の生鮮3部門は合計で2.7%減と苦戦した。特に青果が5.1%減と大きく落ち込んだ。

  エリア別でも北海道・東北から九州・沖縄までの7エリアが全て前年割れとなった。

  主な企業別では、アークスが0.2%減で2ヵ月連続のマイナス、ヨークベニマルは1.5%減で11ヵ月連続のマイナス、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスが1.7%減で10ヵ月連続のマイナス、ヤオコーは0.8%増で2ヵ月ぶりのプラス、バローが0.1%増で2ヵ月ぶりのプラスだった。ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(0.4%減)を除き客単価は前年を上回ったが、前年並みのヤオコーを除き客数が落ち込んだ。

主な食品スーパーの売上高(20198月、速報値)

前年同月比(%)、▲はマイナス

企業名 全店 既存店
アークス 0.4 ▲0.2
ヨークベニマル 0 ▲1.5
U.S.M.H ▲1.2 ▲1.7
ヤオコー 4.6 0.8
バロー 1.9 0.1

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media