小売販売6月は+0.5%、夏物衣料や家電で増 増税前の駆け込みも

2019/07/29 14:00
ロイター

都内カバン販売店
7月29日、経済産業省が発表した6月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比0.5%増となった。写真は都内で昨年5月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 29日 ロイター] – 経済産業省が29日に発表した6月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比0.5%増となった。増加は20ヵ月連続。夏物の衣料品や家電の販売が伸びた。経産省によると、10月の消費税率引き上げを控えた駆け込みの要素もあるという。

ロイターの事前予測調査では0.2%増が予想されていた。

業種別では、機械器具や織物・衣服、医薬品・化粧品、飲食料品などが増加した。スーパーの惣菜販売が伸びたほか、エアコンや冷蔵庫など家電の売り上げが増えた。天候不順から、医薬品の販売も伸びた。

一方、燃料や自動車、各種商品などが減少した。ガソリンの価格下落が影響した。

業態別では、スーパーやコンビニエンスストア、家電量販店、 ドラッグストアが前年比プラス。百貨店がマイナス、ホームセンターが横ばいだった。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media