日本KFC、消費税増税後も店内飲食と持ち帰りを同価格に、本体価格で調整

2019/07/22 10:28
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ケンタッキー・フライド・チキン


 「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングスは7月19日、10月1日に予定されている消費税率10%への引き上げ後、店内飲食と持ち帰りの税込価格を同額にすると発表した。

 税率アップ後、店内飲食は10%、持ち帰りは8%の税率が適用されるが、日本KFCは店内飲食の場合の本体価格を下げることで、持ち帰りと同額にする。「オリジナルチキン」1ピースの場合、店内飲食の本体価格を227円、持ち帰りは231円とし、税込価格を250円に揃える。価格の表示方法はこれまで通り全て税込価格とする。

 税込価格を統一することで、従業員や購入客の混乱を防ぐ。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media