4月の外食売上高は1.7%増、GW前半は天候に恵まれず客数は2カ月連続の減少

2019/05/28 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング部

外食(いきなりステーキ)
客数は2ヵ月連続で減少したが、価格改定などの効果で客単価が上がった。

 日本フードサービス協会が発表した4月の外食売上高(全店ベース)は、前年同月比1.7%増と32ヵ月連続で前年実績を上回った。ゴールデンウイーク前半に当たる4月末の4日間は天候に恵まれず、客数は2ヵ月連続で減少したが、価格改定などの効果で客単価が上がった。客数は0.6%減、客単価は2.2%増だった。

 主な業態別では、ファーストフードが2.7%増、ファミリーレストランが0.7%増、喫茶が1.9%増だったが、パブ/居酒屋は2度の統一地方選挙の影響などもあって0.5%減、ディナーレストランは法人需要の低調などで0.1%減だった。

 大手の外食チェーンの4月の既存店売上高は、日本マクドナルドが2.9%増で41ヵ月連続のプラス、ゼンショーホールディングス傘下の「すき家」が4.8%増で11ヵ月連続のプラス、すかいらーくグループが1.2%増で6ヵ月連続のプラス、ワタミ(外食事業)が1.5%増で2ヵ月ぶりのプラス、ドトールコーヒーが0.1%増で6ヵ月ぶりのプラスだった。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media