マツキヨは増益、サンドラとココカラは減益、ドラッグ3社の19年3月期

2019/05/13 11:30
ダイヤモンド・リテイルメディア社

マツキヨ
2019年3月期の連結業績は、マツモトキヨシホールディングス(HD)が営業増益となる一方、サンドラッグとココカラファインは営業減益となり、明暗が分かれる結果となった

 大手ドラッグストアの2019年3月期の連結業績は、マツモトキヨシホールディングス(HD)が営業増益となる一方、サンドラッグとココカラファインは営業減益となり、明暗が分かれた。

 3社とも上半期の自然災害や全国的な天候不順、冬場の暖冬で季節商品の販売が不振だったが、マツキヨHDは化粧品を中心にプライベートブランド商品の売り上げが伸びて利益率が改善した。

 3社の営業利益はマツキヨHDが前期比7.3%増の360億円、サンドラッグが2.3%減の352億円、ココカラファインが5.8%減の129億円だった。売上高はマツキヨHDが3.1%増の5759億円、サンドラッグが4.2%増の5880億円、ココカラファインが2.5%増の4005億円といずれも増収だった。既存店売上高はマツキヨHDとサンドラッグが0.1%増、ココカラファインは1.7%減だった。

 3社とも積極的な出店を続け、新規出店数はマツキヨHDが81店舗(閉鎖は31店舗)、サンドラッグが53店舗(同25店舗)、ココカラファインが70店舗(同38店舗)だった。

 20年3月期決算では、3社とも増収増益を見込んでいる。

■ドラッグストア3社の連結業績
企業名 2019年3月期実績 2020年3月期予想
売上高 営業利益 売上高 営業利益
マツキヨHD 5,759(3.1) 360(7.3) 6,000(4.2) 370(2.7)
サンドラッグ 5,880(4.2) 352(▲2.3) 6,164(4.8) 367(4.2)
ココカラファイン 4,005(2.5) 129(▲5.8) 4,090(2.1) 135(4.5)

単位:億円、カッコ内は前期比増減率%、▲はマイナス

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media