イオンの19年2月期は0.8%の営業増益、期初予想を280億円下回る

2019/04/08 13:00
ダイヤモンド・リテイルメディア社

イオンと三菱商事、包括業務提携を解消
国内小売事業における減損損失の増加などにより、純利益は3.8%減の236億円と3期ぶりの減益となった。 写真はロイター

 イオンは4月5日、2019年2月期の連結業績予想を下方修正した。営業利益は前期比0.8%増の2120億円となり、過去最高益を更新したものの、期初予想を280億円下回った。

 集中豪雨や台風などの災害の影響や季節商品の不振で、主にGMS(総合スーパー)事業、SM(スーパーマーケット)事業、専門店事業など国内小売事業の営業収益が計画に届かなかった。営業収益は1.5%増の8兆5180億円で、期初予想から1820億円の下振れとなった。

 国内小売事業における減損損失の増加などにより、純利益は3.8%減の236億円と3期ぶりの減益となった。期初予想では42.7%増の350億円を見込んでいた。

■イオンの2019年2月期連結業績予想(単位:百万円)
営業収益 営業利益 当期純利益
前回発表予想(A) 8,700,000 240,000 35,000
今回発表予想(B) 8,518,000 212,000 23,600
増減額(B−A) △182,000 △28,000 △11,400
前期比増減率 1.5% 0.8% △3.8%

 △はマイナス

 

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media