週刊コンビニニュース
地域密着と人手不足対策に奮闘

2019/04/02 05:00

1週間のコンビニに関するニュースをまとめた『週刊コンビニニュース』。今週は、「地域密着と人手不足対策に奮闘」するコンビニ各社の動きにフォーカス。コンビニの地域密着・貢献路線がさらに進行し、深刻化する人手不足対策も顕著になってきた。また、改元を意識した商品販売や看板商品の復刻版発売予定などにも積極的な動きがみられる。(3月26日~4月1日のニュースをまとめました)

セブン-イレブン・ジャパンは、改装時の在庫商品で社会福祉に貢献
セブン-イレブン・ジャパンは、改装時の在庫商品で社会福祉に貢献

① セブン-イレブン・ジャパン
改装時の在庫商品で社会福祉に貢献

  セブン-イレブン・ジャパン327日、北海道および北海道社会福祉協議会と、商品寄贈による社会福祉貢献活動『社寄贈品に関する協定』を締結した。

 今回の協定締結は、北海道の店舗で改装時等に発生する在庫商品の一部を北海道社会福祉協議会へ寄贈し、地域の福祉に役立てようというもの。改装店舗は、北海道および市区町村の支援を必要とする個人・世帯、障害児童等の当事者団体やボランティア・NPO法人等の福祉保健活動団体、社会福祉に関係する施設等に、北海道社会福祉協議会を通じて在庫商品の一部を提供することになる。

 酒・タバコ等の免許品、おにぎり等の日配商品、アイスクリーム等の温度管理が必要な商品は対象外。

 

 ②ポプラ
災害時に商品供給で支援 

 広島市・医療法人社団輔仁会太田川病院とポプラが、災害時の物資供給に関しての協定を締結した。民間病院との災害時物資支援協定締結は初めて。 

 物資供給の協定は、太田川病院が災害で被災した際、食品や衣料品、日用品、応急措置などに必要とされる物資(商品)を迅速かつ円滑に届けることを目的に締結された。同社は病院の要請を受け、自社の配送網を利用して必要な商品を輸送する。この協定締結により、病院に入院している患者、病院で働く従業員、病院に避難した住民への商品供給が可能となる。

 災害時には地域における病院の役割が重要となる。同社は商品供給でバックアップしていくことになる。

 

③ローソン
深夜時間帯の「無人営業」を2店舗で実験

  ローソンは7月から2店舗で数ヶ月間、深刻化する人手不足の対策として、深夜時間帯の無人営業の実験を開始する。

 今回の実験では、深夜12時から明方5時までの5時間、レジのない無人店舗とする。事前に専用アプリに登録した利用客が、店舗入口でアプリ上に表示されるQRコードを読み取り、ドアを開錠して入店。

 店舗が販売する商品はほぼ通常通りだが、たばこ・酒類などの免許品、カウンターファストフード、切手類、収納代行やチケット発券など、従業員の対応が必要な商品やサービスは対象外となる。

 決済方法は、「ローソンスマホレジ」と現金での支払いも可能な自動釣銭機能が付いた「完全セルフレジ」の2通りを予定。

 実験開始当初は、商品の片付け作業やシステムなどのトラブルに備え、バックヤードで1人程度勤務するが、時期をみて完全無人化に移行する。また、防犯対策として防犯カメラを増設する。

 利用客への利便性訴求のため、店内でのお知らせ、貼紙での案内を徹底し、完全セルフレジ付近には操作マニュアルも用意する。

 実験期間中は、取扱商品の拡大、システム改修や運用方法の見直しを随時行い、同時に店舗オペレーション、防犯・物流面の課題、売上の推移、利用客の意見を検証。拡大展開に向けて検討していく。

 

④セコマ
スマホ決済サービス「PayPay」が利用可能に

  株式会社セコマは3月末、スマホ決済サービス「PayPay」をセイコーマート全店に導入した。

 セイコーマートは、セコマが北海道を中心に、茨城県、埼玉県で1,202店舗(2月末現在)展開するCVSチェーン。同チェーンで新たに採用した決済方式は、「PayPay」アプリに表示されたバーコードをユーザーがレジで提示し、店舗側が読み取る「ストアスキャン方式」。

 同チェーンは「PayPay」の利用が可能になることで決済手段が拡充し、一方の「PayPay」は利用できる店舗がさらに拡大する。

 

 ⑤ローソン/デイリーヤマザキ
新元号に合わせ復刻版商品、縁起食材使用の弁当発売

  ローソンは、2月末時点で累計31億食以上を販売した看板商品「からあげクン」の復刻版2商品を、平成最後の月となる42日から全国発売。また、新元号に合わせて縁起の良い食材を使用したおにぎり・弁当を430日から発売する。

  同チェーンは、昭和61年(1986年)にオリジナルフライドフーズ「からあげクン」を発売して以来、レギュラー(昭和61年)、レッド(63)、チーズ(平成6年)の定番に加え、ご当地食材を使用した地域限定の味、専門店監修の味など、252種類を発売してきた。

 今回は、平成に発売した第4フレーバーのなかから人気の味を当時のレシピに基づき再現し、“からあげクン復刻版”(2商品)として全国のローソン店舗で発売する。

・「からあげクン コーンポタージュ味」(平成11年発売)(復刻版216円税込)
・「からあげクン のり塩味」(平成10年発売)(復刻版268円税込)

 また430日からは、全国店舗で、鯛、大海老など縁起の良い食材を使用した弁当を、数量限定で発売する。

・「金しゃりおにぎり 真鯛の鯛めし」(税込298円)
・「鯛めし幕の内弁当」(税込550円)
・「大海老天重」(税込598円)

 デイリーヤマザキは、51日の改元を控えた平成最後の締めくくりに、平成時代に特にヒットした商品を厳選し、『The平成のヒット商品シリーズ第2弾』として、「メロンパンの皮焼いちゃいました。」など6品を、4月1日から5月31日の期間限定で全国発売する。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media