コンビニ売上ランキング2022 大手がコロナ前の業績に戻らない一方で、好調なのは?

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

小売業ランキング

 コロナ禍で人の動きが制限された影響を受け、市場が縮小傾向にあるコンビニエンスストア(CVS)業界。日本フランチャイズチェーン協会(東京都)によると、2021年度のCVSの市場規模は対前年度比1.1%増の10兆7816億円と増加したものの、前年度の落ち込み(4.5%減)を挽回するには至っていない。

 市場をけん引してきた大手3社の22年2月期チェーン全店売上高を見ても、首位のセブン-イレブン・ジャパン(東京都:以下、セブン-イレブン)が対前期比1.7%増の4兆9527億円、2位のファミリーマート(東京都)が同2.8%増の2兆8419億円、3位のローソン(東京都)が同2.1%増の2兆2119億円。いずれも増加したが、コロナ前の水準には戻っていない。

セブン・イレブン
市場をけん引してきた大手3社の売上高はいずれも増加したが、コロナ前の水準には戻っていない。

 背景にあるのは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media