週刊コンビニニュース ファミマ、熱中症対策商品の取り扱いを強化

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

ファミリーマートでは、今夏の猛暑による熱中症対策に対応した商品の取扱いを強化する。水、茶系飲料、機能性飲料、大容量タイプの飲料、冷凍飲料、アイスクリーム、氷に加え、塩分の補給を目的とした飴やタブレット系商品を品揃えし、ショーカードなどを取り付けて訴求していく。(7月12日~18日のニュースをまとめました)

セブン-イレブン・ジャパン
ボーイスカウトの環境保全活動に協力・協賛

 セブン-イレブン・ジャパンは7月11日から11月7日までの期間、セブン-イレブン記念財団とともに、ボーイスカウト日本連盟が100周年記念事業として実施する環境保全活動「プラごみバスターズ大作戦」に協力・協賛し、全国各地の清掃活動を推進していく。

 また、2017年12月に東京都と埼玉県で設置を開始した「ペットボトル回収機」が、今年7月13日までに1都1府16県へ拡大し、稼働台数が2000台を突破した。今後もペットボトル回収を通じて、プラスチックごみの削減と、再びペットボトル飲料として販売する“サーキュラーエコノミー”を推進していく。

 商品では、成長過程で傷がつくなどの理由で市場に出回らない規格外の茄子を使用した3品を、山梨県・長野県の665店舗で7月19日から順次発売する。農産物の無駄のない活用を目指した取り組みとなる。

  • 「茄子たっぷり麻婆茄子丼」(税抜430円)
  • 「トロっと茄子の麻婆茄子」(320円)
  • 「茄子と豚しゃぶの和風冷製パスタ」(460円)

ファミリーマート
施設従業員の休憩室に無人店舗をオープン

 ファミリーマートは7月14日、TOUCH TO GO(東京都港区)が開発した無人決済システムを導入した店舗を従業員の休憩室内にオープンした。「ルミネエスト新宿」にオープンした「ルミネエスト新宿/S店」で、施設内で働く従業員に利用してもらう。無人決済システムの導入店舗は今回で6店舗目となる。

 また、看板商品「ファミチキ」の新フレーバー「ファミチキ(ハバネロホット)」と「クリスピーチキン(ハバネロホット)」の「激ウマ!ハバネロホットチキン対決」キャンペーンが功を奏し、2商品の累計販売数がキャンペーン開始の7月5日から1週間で合計250万食を突破した。

 さらに、7月5日に発売した、カップ焼そば「日清焼そばU.F.O.」とコラボレーションした「U.F.O.濃い濃いモンスター焼そばパン」(税込248円)の販売も好調で、14日時点で累計販売数70万食を突破した。発売初週の販売実績は、3月に発売した「ファミマ・ザ・クリームパン」に次ぐ記録となる。

 新商品では、7月19日にコーヒーマシンのミルクでつくる「FAMIMA CAFÉ」のフラッペシリーズで、ウィスティンホテル東京のシェフが監修した贅沢なフラッペを発売する。「豊潤なマンゴーフラッペ」と「魅惑のピーチフラッペ」(いずれも税込350円)の2種類で、マンゴー、ピーチをベースに、適度な酸味が感じられるパッションフルーツ・ラズベリーソース、チョコレート・ライチゼリーを組み合わせた。

ローソン
人気ラーメン店監修の冷しラーメン3品発売

 ローソンは7月12日から、札幌、函館、旭川の人気ラーメン店が監修した冷しラーメンを、それぞれのエリアで発売する。26日からは販売エリアを拡大し、道内の店舗で3品すべてを取り扱う。

  • 札幌エリア「麺屋彩末監修 冷し辛醤油らーめん」
  • 函館エリア「らーめん高橋屋監修 冷し塩ラーメン」
  • 旭川エリア&帯広エリア「みそラーメンのよし乃本店監修 冷しみそラーメン」(いずれも税込559円)

ミニストップ
「ガツンとスタミナフェア」を開催

 ミニストップは「夏を乗り切るスタミナ食」をテーマにしたフェアを、7月11日から24日まで開催sるう。気温が急激に高くなり食欲が落ちる時期に合わせ、スタミナがつくとされるニンニクや、旨辛でガツンとパンチの効いた商品を取り揃えた。

 新商品では、7月11日に、ありそうでなかった「レバニラ」味のポテトチップス「ポテトチップス レバニラパンチ!」を発売する。ポークパウダー、しょうがパウダーなどで濃厚な味を再現した。税抜148円。

 7月12日には、「チキンとブロッコリーのサラダスパ~ほんのりレモン香る~」(税込410円)を発売。サラダパスタ専門店「Sala Spa」が監修した商品で、イタリアでシェアNO.1のバリラのパスタを使用。オリジナルの和風玉ねぎドレッシングも魅力のひとつ。

 7月15日からは、昨年よりもガーリックとペッパーを増量してワイルドさをアップした「ロックポーク」(税抜202円)を発売。赤身と脂肪のバランスがよい豚肉を、ゴツゴツとランダムに手刺しにして、ガーリックとペッパーでパンチのある味付けに仕上げた。

 そのほかミニストップでは、デリバリーサービスを運営する「出前館」の対応店舗が、今年の目標1000店舗のうち約700店舗まで拡大した。また、ソフトクリーム、ホットスナック、飲料、菓子、インスタント食品に加え、電池、靴下、タオルなどの日用品や雑貨、合計約300商品の注文が可能になった。

セコマ
初の公式ムック本を発売

 7月28日、宝島社がセコマ初の公式ムック本「セイコーマート FANBOOK」(B5判、16ページ、税込2580円)を発売する。セイコーマートのこだわりや歴史、商品、トリビア、ファンへのインタビューなどで構成され、店舗やネットでも予約受付を行う。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media