購買行動データの使い方と主な分析とは

TrueData:桂幸一郎
Pocket

データ分析のイメージ
あまりにも自明すぎる話かもしれませんが、誰が買っているかがわかることはマーケティング戦略立案上の根本です。(i-stock/lemono)

 前回、購買行動データは最近20年で格段の進歩を遂げたことをお話ししましたが、実はまだまだ使い方は進化するかもしれません。

 筆者が最初に購買行動データに接したのはまだ日記タイプの購買パネルデータだった1990年代でした。商品設計で量目をどうするかとか、広告投下の頻度などを立案するために利用したのですが、「なんと視界がひらけることか」と感動しました。その後、ID-POSパネルが登場したときは普及率の低い高価格品を担当していたこともあり、購買パネルでは補足しきれない商品の動きが手に取るようにみえ、さらに、家計簿アプリの購買行動データでは「なんと、ス〇バ、やマ〇クのレシートが多いことか」との発見がありました。これらのデータは、いまだに日々データの収集、分析手法も進化中でさまざまな応用が可能になっています。

「誰」が買っているかがわかることの意味とは

 あまりにも

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media