ホームセンター 1月業績 前年割れ続くも前々年同月比ではプラス基調

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

都内の横断歩道を渡る人々
主要ホームセンターの2022年1月の業績は、前年からの反動でマイナスとなったところが続いた。写真は都内で昨年1月撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

 主要ホームセンターの2022年1月の業績は、前年からの反動でマイナスとなったところが続いた。既存店ベースで、客数が大きく落ち込んだところを、客単価でカバーしている。

 コメリによると、プロのニーズや住まいの環境改善ニーズの高まりは継続しており、資材・建材、園芸・農業用品の販売は堅調に推移している。また、気温低下と降雪の影響もあり、暖房用品、防寒用品、除雪用品の販売が上向いたが、昨年大雪が発生したことによる販売実績には届かなかった。

 また、コーナン商事によると、PRO需要は堅調に推移し、そのうち法改正による安全ベルトや、ウッドショックによる合板・粗材、充填材などが好調だった。

 今年2月は、日本海側で記録的な大雪が続いており、その影響がどのように出るのか注目される。

 主なホームセンターの1月既存店売上高前年同月比は以下の通り。

主要HC1月の既存店売上高前年同月比 単位:%

既存店売上高 2022年 2021年
コメリグループ計 ▲ 1.6 16.5
PW ▲ 1.8 18.4
PRO 14.5
H&G ▲ 1.6 16.8
DCM ▲ 3.1 17.5
コーナン商事 ▲ 2.3 15.8
ジョイフル本田 ▲ 2.4 ▲ 1.4
ナフコ ▲ 4.0 11.6
アークランドサカモト ▲ 8.0 16.7
前々年同月比 7.4
ビバホーム ▲ 4.8 9.7
前々年同月比 4.3
ケーヨー ▲ 6.6 11.7
ハンズマン ▲ 9.4 12.6
前々年同月比 2.0
アレンザホールディングス ▲ 0.8 15.3
内HC事業 ▲ 0.4 14.6
ジュンテンドー(HC店舗) ▲ 4.5 19.2
イオン九州(HC店舗) ▲ 0.7 18.0

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media