週刊コンビニニュース セブン-イレブン、空中ディスプレイを使ったキャッシュレスセルフレジの実証実験を開始

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

1週間のコンビニエンスストア(CVS)に関するニュースをまとめた週刊コンビニニュース。セブン-イレブン・ジャパンは、非接触・空中ディスプレイ技術を採用したキャッシュレスセルフレジ「デジPOS」の実証実験を2月1日から順次、東京都内の6店舗で開始する。空中ディスプレイは、ホテルやオフィスなどの受付機、デジタルサイネージなどで活用されることが多いが、POSレジとして使用する実証実験は世界初。「デジPOS」は、レジ画面を空中に結像し、空中に浮かんだ映像をタッチパネルと同じように操作することができ、非接触のため安全・安心も保てる。実証実験では、顧客の新しい買物体験、レジカウンタースペースの効率などについても検証を行っていく。実証事件にはセブン-イレブンのほか、アスカネット、神田工業、東芝テック、三井化学、三井物産プラスチックが参加する(1月25日〜31日のニュースをまとめました)。

セブンイレブン

ファミリーマート
FC小型トラックの走行実証は順調に推移
200万人に当たる大型キャンペーン
ラーメンデータバンクと共同開発したカップ麺シリーズ第4弾

 ファミリーマートが愛知県岡崎市を中心としたエリアで実施している、CO2フリー水素を燃料にしたFC小型トラックの走行実証が開始から2カ月経過した。走行実証では、岡崎定温センターを起点に、約30店舗への弁当やおむすび、パンなどの中食商品配送を1日3便のコースで行っているが、1日平均約150kmの走行や、想定した26km/kgを上回る燃費などの実績が報告されている。今後は、より厳しい条件を含む季節での走行実証を継続して行い、1年を通じてエアコンや冷蔵・加湿機能使用時の燃費に与える影響、コース変更や航続距離の延長などについても検証していく。

 また同社は、「ファミマカフェ(FAMIMA CAFÉ)」の主力商品「ブレンド」と「カフェラテ」のおいしさをより知ってもらうため、1月25日から2月7日までの期間、「税込500円以上お買い上げの方から抽選で200万人に、ブレンドSまたはカフェラテMがあたるキャンペーン」を実施する。はずれても、「FAMIMA CAFÉ」のコーヒー購入で使用できる20円割引券が全員もらえるキャンペーン。

 ファミリーマートは、「利尻らーめん味楽本店監修 焼き醤油味らーめん」「支那そばや監修 醤油らぁ麺」「麺屋剛監修 剛麺とんこつ味」に続くラーメンデータバンクと共同開発したカップ麺シリーズ第4弾として、「さんくるげ 辛いらぁ麺」(税込228円)を2月1日から全国で発売する。福島県田村市の名店「さんくるげ」が初めて監修したカップ麺で、チキンエキスをベースにし、唐辛子や花椒などのスパイスと酸味を利かせた醤油ベースの特製旨辛スープと硬く歯ごたえのある極細麺が特長。

ローソン
店内厨房を活用した宅配調理事業をスタート

 ローソンは、デリバリー専用に新たに開発した商品を店内の厨房で調理して届ける「ゴーストレストラン」の実証実験を、東京都内の「飯田橋三丁目店」で開始した。Uber Eatsなどのアプリで注文を受けたあとに店舗で調理し、出来立ての商品を提供する。朝食やランチ需要以外の店内厨房の空き時間を活用した取り組みで、店舗で販売する商品とは別に、デリバリーで人気の高いメニューを参考に開発。アプリ上の店舗名表記は「ローソン」とせず、メニューに合わせて別の店舗名(屋号)にする。来年2月末までに関東圏で100店舗、2025年度に全国の1,000店舗に導入を予定。
<実験店舗>「ローソン飯田橋三丁目店」
<アプリ表示屋号>「NY飯!チキンオーバーライス飯田橋三丁目店」
<メニュー例>「NY飯!スタンダード」(税込1,290円、配送料別)

ミニストップ
アイスのような、ケーキのような新感覚スイーツ
「トップバリュ 味噌ラーメン」
駅弁風弁当1周年&シリーズ100万食販売記念

 ミニストップは、「アイスケーキ5種のフルーツロール」(税込298円)を1月25日に発売した。冷たいまま食べることができるフルーツロールのアイスケーキで、ふんわりとしたスポンジに白桃ダイス、林檎ダイス、黄桃ダイス、苺ソース、メロンソースの5種類のフルーツを使って仕上げた。

 また同社は1月25日、東京都江戸川区のラーメン専門店「大島」店主・大島剛史氏が監修した「トップバリュ 味噌ラーメン」(税込537円)を発売。にんにくの効いた香ばしい味噌スープと、モチモチ食感の太めの縮れ麺を、レンジ麺で再現した。

 発売1周年となる「駅弁風弁当シリーズ」の記念商品としてミニストップは、「駅弁風 鮭はらこ飯」(税込599円)を1月25日に発売。今回の「駅弁風 鮭はらこ飯」は、累計販売100万食突破を記念し、脂がのった鮭ハラスはそのままに、いくらは銀鮭いくらにバージョンアップ。さらに具材を全体的に増量した。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media